SoundCloudがストリーミングされた分だけアーティストに利益を支払うことを誓う

SoundCloudにとって不安定だったここ1年を終えて、同社は年間収益が約2千800万ドル、43%増しと大幅に上がったことを10月にアナウンスした。この収益急上昇のおかげもあり、Soundcloudはアーティストに彼らの音楽が再生された分だけの利益を支払うことを契約する発表を行った。

 

SoundCloudのプレミアパートナープログラムを通して招待されストリーミングをしている特定のアーティストは、そのプラットフォームに参加、関わっていることを理由にすでにSoundcloudから利益を受け取っているようだ。今後楽曲をそのプラットフォームで共有することで少しでも儲けようとするアーティストが大いに増える事を見込みつつも、SoundCloudはそのパートナープログラムを徐々に一般の人にも公開することを目標としている。

以下がSoundCloudによる発表の内容だ。

今日という日は私たちの収益共有プログラムにとって新たな歴史的な出来事を刻む日となります。ここ数ヶ月を経て私たちチームはクリエイターを収益共有プログラムにセットアップするためにもっとたくさんの人をもっと早く呼び込めるようにするため、その段階とプロセスを合理化しさらにオートメーション化しました。これは楽曲をそのプラットフォームで共有することで少しでも収入を得ようとするアーティストが大いに増えることを意味しています。

SoundCloud Goと広告は収益の増加が精力的になっている数々の国でローンチし、私たちが順に独立したクリエイターを収益共有のためプレミアパートナープログラムに招待することを可能にします。今のところプレミアプログラムは招待制として継続されていますが、私たちのプログラムを楽曲をSoundCloudでシェアする全員に解放するという最終的なゴールは変わりません。

今日私たちはあるクリエイターグループに向けて新しいプロセスを発表しました。これから数ヶ月を通して私たちはもっと広範囲にわたる発表をし、世界中からもっとたくさんの独立したクリエイターに参加してもらうため彼らを招待できることを楽しみにしています。

(Ibuki Kasai)
via DJ MAG

RELATED

ミュージシャンは音楽業界全体の売り上げのうち12%を得ていることが判明 | 変わりつつある産業構造

先日、2018年上半期のアメリカにおける音楽の売り上げのうち、ヒップホップが2年連続で全体1位のシェアを獲得したことを取り上げたが、実際のところ、その売り上げはどのくらいの割合でアーティストに還元されているのだろうか?

ストリーミングで儲かるアメリカのメジャーレーベル|ユニバーサルとソニーは1時間毎に50万ドルの収益をあげていると判明

『Music Business Worldwide』がユニバーサルミュージック(UMG)とソニーミュージックの今年の上半期の決算結果を分析した。今年1月~6月の2社のストリーミングによる収入の合計は2600億円以上。計算すると1時間ごとにストリーミングだけで5500万円以上の収入を得ていることになる。

ヒップホップとR&Bの売り上げがアメリカでさらに拡大 | ロックを引き離し売上全体の31%のシェアを獲得

データ調査会社のニールセンが、2018年上半期のアメリカにおける音楽売り上げデータを発表した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。