Nick CannonがかつてKanye Westのゴーストライターをしていたと認める

俳優やラッパー、また起業家としての顔をもつNick Cannonが、Kanye Westのゴーストライターをしていた過去を明かした。

 

人気ラジオ番組The Breakfast Clubにインタビューゲストとして登場した、Nick Cannonは、T.I. の"You Ain't Never Gotta Ask"のリリックの一部を自分が書いたと話す。「I don't need to front There black history e'ry day - I don't need a monthという部分はおれが書いたよ。なぜって、おれはKanyeと彼の動きがとても好きなんだ。Kanyeはヤバい曲を作る方法を知っているよ」とKanyeへの好意でリリックを書いたと話した。

またNick Cannonは「Kanyeから曲作りについて多くのことを学んだよ。誰でもブースに立って、バースをスピットすることはできるけど、歌を作ることをできるのは本物の才能だ」とKanyeを絶賛した。

Nick CannonのThe Breakfast ClubでのインタビューはYoutubeで見ることができる。

RELATED

Kanye WestがTwitterでDrakeへの不満をぶちまける

Kanye WestとDrakeといえば、ともに楽曲を制作する間柄でありながら、ビーフとまではいかないまでも、度々お互いをディスするなど長きにわたり複雑な関係性が続いていることは有名な話だ。だが、今回はそうはいかないかもしれない。Kanyeが自身のTwitterでDrakeへの不満をぶちまけたのだ。

Kanye Westがスケボーのトリックを学ぶ

音楽だけではなくファッションやアート、そしてこれは無知をさらすことになってしまったが政治とKanye Westの好奇心は尽きないようだ。

故XXXTentacionの新作『Skins』に参加したKanye Westが、彼のDV疑惑を曲中で擁護していることが判明

Kanye Westの現在製作中だという最新作『Yandhi』に故XXXTentacionが参加していることは以前より伝えられていた。そんな中、今回XXXTentacionの死後初めて発表されるアルバム『Skins』にもKanye Westとのコラボ曲が収録されることが明らかとなった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。