Palaceのロゴをサンプリングしたパレスチナ難民へのチャリティ・ファッション・プロジェクト

ロンドンのストリートは、ファッションブランドHypePeaceのトライアングルロゴの話題で持ち切りだ。

 

HypePeaceは、超有名ブランドPALACEの三角形のロゴを、緑、赤、黒に変え、ネームをPalestineに変えたパロディの服を製作。売上のすべてをパレスチナの難民の子供たちをサポートするSharek Youth Forumに寄付している。

そのファッション・ハイプさと、若者の間の社会問題へのアクションを喚起するセンスが評価され、ロンドンの社会問題への関心の高いラッパーたちやフォトグラファー、DJたち、ファッションファンたちが積極的にHypePeaceを着用、Instagramに写真をアップロードしている。

@hype.peace #savepalastine

A photo posted by Novelist TuggSet (Ruff Sound) (@novelistguy) on

デザイナーの一人は「SupremeやPalaceというブランドのことをリスペクトしているし、みんなが夢中になっているのはすごいね。だからもし彼らが平和や正義、平等というものにも同じように夢中になったらどれだけすばらしいか、ということを考えていたんだ」とFaderの取材に対して語った。

Palestine Palace bootleg tshirt front back

Palestine Palace bootleg Hoodie front back

Sweater Jumper Palestine Palace bootleg Front back

日本からも購入可能。Tシャツ、スウェット、フーディの3種類のラインアップ。購入はこちらから。

Palace(楽天)

RELATED

ファッションハイプをチャリティに流用するブランドHypePeaceが新アイテムをドロップ

HypePeaceが次のターゲットに定めたのはPLAY COMME des GARCONS。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。