2020年の大統領選挙出馬も噂されるKanye Westが、ライブ中に今回の選挙ではドナルド・トランプに投票したかったと発言し、ライブは大荒れに

MUSIC  2016.11.18

現在アメリカ各地でSaint Pabloツアーを開催中のKanye Westは、2020年のアメリカ大統領選挙に出馬する意向を示している。

 

本日行われたライブ中にKanyeはドナルド・トランプについてや、自身の大統領選挙出馬について言及したと、というTwitterアカウントが伝えている。

Kanyeは今回の大統領選挙では投票をしなかったことを話し、投票したとしたら「ドナルド・トランプに投票したかった。でもヒラリーの支持者もリスペクトしている」と語った。そして2020年の大統領選挙に出馬する意思を再度表明した。

さらにトランプについては彼の大統領選挙でのキャンペーンのやり方や、ディベートのスタイルが好みだとKanyeは話した。そのことを話すと、ステージに向かって客がなにかを投げ入れたがKanyeは、そのことで怒りはしなかったという。

しかし再度物が投げ入れられ、それがKanyeに当たると、ライブを中止するという警告を発し、こう続けたという。「おれには意見を言う権利がないのか?おれは人間で感情もある、おれは議論が好きだ。おれは非政治的な反逆者だ。議論はエンターテイメントだよ」と発言した。

この日のKanyeはしばしば曲を中断し、MCに没頭。計1時間以上もMCに時間を費やしたとのことだ。そしてライブの最後にKanyeは「今回の選挙では、どちらの候補者もこの国のレイシズムを解決できない」と発言しステージを後にしたという。

トランプに投票したいなどはKanyeらしいひねくれ方といえば、それまでだが、彼がある程度大統領選挙出馬については本気で考えているのは事実だろう。

あわせて読みたい

MUSIC

FASHION

CULTURE