2020年の大統領選挙出馬も噂されるKanye Westが、ライブ中に今回の選挙ではドナルド・トランプに投票したかったと発言し、ライブは大荒れに

現在アメリカ各地でSaint Pabloツアーを開催中のKanye Westは、2020年のアメリカ大統領選挙に出馬する意向を示している。

 

本日行われたライブ中にKanyeはドナルド・トランプについてや、自身の大統領選挙出馬について言及したと、というTwitterアカウントが伝えている。

Kanyeは今回の大統領選挙では投票をしなかったことを話し、投票したとしたら「ドナルド・トランプに投票したかった。でもヒラリーの支持者もリスペクトしている」と語った。そして2020年の大統領選挙に出馬する意思を再度表明した。

さらにトランプについては彼の大統領選挙でのキャンペーンのやり方や、ディベートのスタイルが好みだとKanyeは話した。そのことを話すと、ステージに向かって客がなにかを投げ入れたがKanyeは、そのことで怒りはしなかったという。

しかし再度物が投げ入れられ、それがKanyeに当たると、ライブを中止するという警告を発し、こう続けたという。「おれには意見を言う権利がないのか?おれは人間で感情もある、おれは議論が好きだ。おれは非政治的な反逆者だ。議論はエンターテイメントだよ」と発言した。

この日のKanyeはしばしば曲を中断し、MCに没頭。計1時間以上もMCに時間を費やしたとのことだ。そしてライブの最後にKanyeは「今回の選挙では、どちらの候補者もこの国のレイシズムを解決できない」と発言しステージを後にしたという。

トランプに投票したいなどはKanyeらしいひねくれ方といえば、それまでだが、彼がある程度大統領選挙出馬については本気で考えているのは事実だろう。

RELATED

Kanye WestがTwitterでDrakeへの不満をぶちまける

Kanye WestとDrakeといえば、ともに楽曲を制作する間柄でありながら、ビーフとまではいかないまでも、度々お互いをディスするなど長きにわたり複雑な関係性が続いていることは有名な話だ。だが、今回はそうはいかないかもしれない。Kanyeが自身のTwitterでDrakeへの不満をぶちまけたのだ。

Kanye Westがスケボーのトリックを学ぶ

音楽だけではなくファッションやアート、そしてこれは無知をさらすことになってしまったが政治とKanye Westの好奇心は尽きないようだ。

故XXXTentacionの新作『Skins』に参加したKanye Westが、彼のDV疑惑を曲中で擁護していることが判明

Kanye Westの現在製作中だという最新作『Yandhi』に故XXXTentacionが参加していることは以前より伝えられていた。そんな中、今回XXXTentacionの死後初めて発表されるアルバム『Skins』にもKanye Westとのコラボ曲が収録されることが明らかとなった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。