The Weekndのニューアルバム『Starboy』にはDaft Punkの他にKendrick Lamar、Future、Lana Del Reyも参加

The Weekndは11/25にニューアルバム『Starboy』をリリースする。先行シングルのタイトル曲"Starboy"にはDaft Punkがフィーチャーされていて、ファンを驚かせたが、本日The WeekndのTwitterでトラックリストが公開された。

アルバムは全部で18曲を収録。Daft Punkは"Starboy"以外にも"I Feel It Coming"に参加する他、ラッパーはKendrick Lamarが"Sidewalks"で、Futureが"All I Know"でフィーチャーされている。また"Stargirl, Interlude"にはLana Del Reyがゲストで登場する。

先行シングルとしてすでにミュージックビデオも公開されている"Starboy"は、これまでのThe Weekndがアプローチしてきたスタイルとは、角度を変えた形になっていて、ミニマルでパーカッシブなデジタル・トロピカルなトラックに仕上がっている。

 

RELATED

Anderson .Paak とKendrick Lamarがコラボレーションシングル"TINTS"をリリース

先日よりアナウンスされていたAnderson .PaakとKendrick Lamarによるコラボ曲"TINTS"が10月4日(木)にリリースされた。

Kendrick LamarとSZAが次回作より自由契約になる可能性

言わずと知れた人気レーベルのTop Dawg Entertainment。TDEを代表するアーティストといえばKendrick LamarとSZAの二人がいるが、彼らの作品はそれぞれInterscopeとRCAからリリースされている。そのような状況の中、二人が次のアルバムより自由契約になるとHits Daily Doubleが伝えている。

Cardi BとNicki MinajのビーフはFutureが原因説

もはや泥沼状態の様相を呈しているCardi BとNicki Minajのビーフだが、このビーフはFutureが原因で始まったという説が流れている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。