マッチングアプリTinderが37種類のジェンダーオプションを追加

CULTURE  2016.11.17

マッチングアプリのTinderが男女の2種類の性別オプションから37のジェンダーオプションを選択できるようになる。

 

これまで男女のみの選択肢しかなかったのだが、moreの選択肢から37のジェンダー(セクシュアリティなど)オプションを選択できるようになり、より自身のジェンダーに沿ったプロフィールを設定できる。 そして、自身で自身のジェンダーを言葉で表現できるようにもなっている。

さらに自身のジェンダーをプロフィールに表示できるようになる他、検索の設定でマッチしたいジェンダーの人を設定できるようにもなった。

3A67707800000578-0-Under_the_hashtag_AllTypesAllSwipes_Tinder_will_today_roll_out_m-a-54_1479226207087

Tinder社は「これはTinderをより包摂的なコミュニティにするという一歩にすぎない。トランスジェンダーや自身のジェンダーに違和感を感じている人、Nick AdamsやAlex SchimiderというGRAADのトランスジェンダーメディアに携わる人達、映画監督Andrea Jamesの手助けのお陰でこの機能を追加した」、とプレスリリースで伝えている。

現時点では日本のアプリは対応していないようだが、順次対応される模様。

via Tinder

MUSIC

FASHION

CULTURE