リアーナ、キム・カーダシアン、A$AP Rocky、HBAを顧客に持つ、歯のアクセサリー「カスタム・グリル」を手がけるパリのデザイナーDolly Cohen

Dolly Cohenはパリ在住の歯のカスタムジュエリー「グリル」のスペシャリストだ。彼女はリアーナ、キム・カーダシアン、HBAなど多くのセレブリティ達を顧客に持つ。

 

✨✨✨✨✨✨

A photo posted by Dolly Cohen (@dollycohen) on

グリルは、一般的にはヒップホップアーティストの金ピカの歯で有名だろう。アメリカのヒップホップアーティストはもちろんのこと、日本でもKOHHが着用している写真を見たことがある人もいるだろう。

A video posted by KOHH Official (@kohh_t20) on

彼女はグリル・デザイナーに転身する2005年まで歯科技術者として働いていた。その技術とセンスが評価され、キム・カーダシアン、Drake、Rihanna、A$AP Rocky、Jay Z、Madonna、Rita Ora、HBAなどのカスタム・グリルを担当している。

? #JayZ X #DollyCohen #SavoirFaire

A photo posted by Dolly Cohen (@dollycohen) on

彼女がカスタム・グリルを作るようになったきっかけは当時のボーイフレンドにカスタム・グリルの制作を頼まれたからだという。

「A$APが一番最初だった」と彼女はVogueの取材に対して語る。A$AP Rockyのパリの友人が彼にグリルのこと話し、彼女の作品を見たRockyは彼女に連絡を取ったという。

彼女は一つとして同じ作品を作ることはないという。Rihannaが着用するAK-47と同じものがほしいと言われても、彼女は二度と作ることはないとのことだ。

@Madonna #LaMadonne #DollyCohen #Grillz #Sluggz #iHeartRadio #Madonna

A photo posted by Dolly Cohen (@dollycohen) on

@treysongz reppin #DollyCohen #EveryBodySay ❕

A photo posted by Dolly Cohen (@dollycohen) on

De l Amour pour @hoodbyair congratulation! ? #HBA #PFW

A photo posted by Dolly Cohen (@dollycohen) on

via highsnobiety, Vouge

RELATED

Donald GloverとRihannaによる映画『Guava island』の予告編の一部が公開 | 監督はヒロ・ムライ

RihannaとDonald Glover a.k.a. Childish Gambinoの二人がキューバで映画を制作しているという噂が以前より存在していたが、その映画の全貌が明らかになりつつあるようだ。

Rihannaがトランプ大統領が自身の楽曲を無断で使用したことに対してキレる

先日、Pharrellがトランプ大統領に対し、自身の楽曲“Happy”を演説の際に使用しないよう求めたというニュースがあったが、またしても同じようなことが起きた。

Cardi Bが新曲“Money”のアートワークで着けている金のグローブをRihannaが「今まで見た中で一番ゲットーなブツ」と表現

昨日リリースされたCardi Bのシングル“Money”。同曲は先日オフィシャルリリースの前にリークされてしまい、絶賛ビーフ中のNicki Minajのファンによってリークが行われたという説もあるため今後彼女たちのビーフは増々殺伐としていきそうだ。しかし、そういった話題以上に“Money”のアートワークでのCardi Bのファッションが注目を集めている。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。