Kanye West、自伝映画の主演にコメディ俳優ウィル・フェレルを熱望!?

CULTURE  2016.11.16

Kanye Westが、企画中の自伝的映画『Kanye West Story(仮題)』の主演、つまりKanye役に俳優のウィル・フェレルを熱望していることが、9月号のW Magazineのインタビューでわかった。

文: ANAIS(アナイス)

 

will-ferrell-movies-and-films-and-filmography-u4
http://www.ranker.com/

ウィル・フェレルは、元々コメディアンであり、『サタデー・ナイト・ライブ』にもレギュラー出演をしていた。後に、007シリーズのパロディ映画として有名である『オースティン・パワーズ』で俳優デビューを果たした後、あらゆるコメディ映画に出演している。

Kanyeは、ウィル・フェレルの代表作の一つでもある『エルフ〜サンタの国からやってきた〜』で、彼が演じたバディと自身の性格がそっくりであるとも熱弁している。普段から、自己中心的でアグレッシブなイメージをもたれやすい言動をし、自他ともに認めるコントロール・フリークである性格の彼において、この発言は少々意外なものかもしれない。

Kanye West American rapper, songwriter, record producer, film director, entrepreneur, and fashion designer, Kanye West attends the Cannes Lions 2014, 61st International Advertising Festival in Cannes, southern France, Tuesday, June 17, 2014. The Cannes Lions International Advertising Festival is a world's meeting place for professionals in the communications industry.(AP Photo/Lionel Cironneau)
http://independent-liverpool.co.uk/

Kanyeの親友によると、Kanyeはウィル・フェレル本人と何年もの間、自身の自伝的映画に関してアイデア交換をしていたそうだ。彼は以前から、自分自身を描いた作品をドラマやドキュメンタリーのようなものにしたいのではなく、コメディ映画にしたいと話している。

親友はこの事に関して「Kanyeは自分がシリアスな風に捉えられる事を嫌がっていて、説教じみた映画というよりかは面白おかしく描きたいんだ」とも語っていた。

また、Kanye Westはウィル・フェレルに加えてコメディ映画監督として知られているアダム・マッカイにもアプローチをしているそうだ。アダム・マッカイの代表作には、『俺たちニュースキャスター』シリーズ、『タラデガ・ナイト オーバルの狼』や、『俺たちステップ・ブラザーズ-義兄弟-』などがあり、これら全ての主演をウィル・フェレルが務めている。

maxresdefault (5)
https://www.youtube.com/watch?v=mIJaEl7Zr7w

しかも、Kanyeは実は『俺たちニュースキャスター』の続編にゲスト出演もしているので、相当熱狂的なファンといっても過言ではないだろう。

このプロジェクトが果たして実現するかは別として、妻のキム・カーダシアンやKanyeのラッパー仲間がどう描かれるのか気になるところでもある。

文: ANAIS(アナイス)

雑誌「エルガール」のオフィシャルキュレーターを務めながら、フリーライター兼モデルとして活動中。映画を中心に、ファッション、カルチャー全般の執筆を行っている。
ELLE GIRL OFFICIAL BLOG

あわせて読みたい

MUSIC

FASHION

CULTURE