2014年にリリースされていた全曲Daft PunkからサンプリングしたBeasties Boysのリミックスアルバム

2014年にカナダのプロデューサーCoinsが自身のBandcampに『Daft Science』という作品をアップロードしていた。

 

2年前の無名のアーティストの作品をなぜ今?と思うかもしれないが、この『Daft Science』はBeastie Boysのヒットチューンを、すべてDaft Punkのトラックからサンプリングしてリミックスした、とてもキャッチーかつハイクオリティーな作品となっている。しかも今はフリーダウンロードで手に入れることができる。

"Root Down"や"Body Movin"、"Check It Out"などのヒットチューンが1度は聴いたことがあるだろう、Daft Punkの曲を使ったリミックスにとなれば、これは聴いてみたほうがよさそうだ。

しかし2年前のアルバムがなぜ今になって話題となっているのかというと、掲示板サイトRedditのDaft Punkの掲示板で話題になっているのが真相ということだ。

Via Dancing Astronaut

RELATED

Donald Glover激似の人物がBeastie Boysの2006年のコンサート映像内で発見される

14年以上前にBeastie Boysがマディソンスクエアガーデンで行なった公演が『Awesome;I Fuckin’Shot That!』というドキュメンタリーになっている。この映像は手持ちカメラを渡された50人の観客が撮影したもので、この撮影方法は結果的に独特、時には無作為にコンサートを映した。そして今、その中のある一つのシーンが多くの関心を集めた。

Beastie Boysがデビューアルバム『Licensed To Ill』リリース後に解散の危機に陥っていた過去を明かす

白人ラップグループの先駆けとして、またその革新的な音楽性によって後世に強い影響を与えたBeastie Boys。三人の息の合ったマイクリレーが特徴なグループだけに仲の良いイメージが強いグループだが、かつてはそうではなかったようだ。

Beastie BoysのAd-RockとMike DがEminemのニューアルバム『Kamikaze』のアートワークについて語る

先月末にリリースされてからというもの、数多くの若手ラッパーへのディスなど話題の尽きないEminemのニューアルバム『Kamikaze』。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。