Frank Oceanがインタビューでグラミー賞についてやレーベルとの契約について語る

今夏最大の話題作の1つ『Blonde』をリリースしたFrank OceanがNew York Times紙のインタビューに登場、Kanye Westも巻き込んで話題になった、グラミー賞への不参加問題や、メジャーレーベルとの契約について語っている。

 

まずOceanはわざとグラミー賞の候補にならないように、『Blonde』と『Endless』を期日までエントリーしなかったことについては、グラミー賞というシステム自体が、すでに時代遅れのものだと指摘している。

「グラミー賞は今や、かつては重要だったものだよ。グラミー賞が僕が生まれてきたシーンにいる人々を、代表しているものとは、とても思えない。エントリーシステムも授賞式も、審査も全部時代遅れだ。僕はコリン・キャパニックみたいにグラミーをボイコットした方が、観客たちと一緒に座っているよりマシさ」とOceanはアメリカン・フットボールのプロリーグNFLの選手で、国家斉唱を拒否する運動を続けているコリン・キャパニックを引き合いにだし、グラミー賞に参加しない旨をはっきりと表明した。

Oceanをグラミー賞にノミネートしなければ、自分もグラミーをボイコットすると語っていたKanyeは、この宣言を聞いて一体どうするのだろうか。

またOceanはアルバム『Blonde』を自身のインディーレーベルBoys Don’t Cryからリリースしたことについても触れ、「僕はレーベルと契約してないから、アルバムのフォーマットで作品をリリースしなくてもいいし、未完成の曲でもリリースできるようになった」とクリエイティブに関して、今は100%自由を得ているとも話している。

『Blonde』の制作についても語ったOceanは「"White Ferrari"は50バージョンあるよ。弟があるバージョンを聴いて、「これだよ、このバージョンを収録すれば」と言ったんだけど、「いやこれはまだそのバージョンじゃないよ」と言ったんだ」と楽曲制作に対するストイックな姿勢を示した。「ただコードやメロディーなんだ。曲に必要なものがどんなコンビネーションで生まれてくるかはわからないけど。確実にそういうこれだっていうフィーリングが生まれる必要があるんだ」とも話す。

しかしOceanは今後は音楽だけに取り組んでいくつもりもないらしい。「僕が今は初心者だけど、上手くなれるような領域を見つけるのに興味があるんだ」と音楽以外の領域でも自由に活動していきたいという意思を話している。

Frank OceanのNew York Timesでのインタビュー全文はこちらで読むことができる。

RELATED

「blonded」というInstagramアカウントがFrank Ocean本人の物であるという説が有力に

Frank OceanといえばSNSへの露出が極端に少ないことで有名なアーティストであった。まれに写真や文章のアップロードが行われるTumblrのページのみがFrank Ocean自身のものと確認できる唯一のSNSアカウントであったが、今回「blonded」というInstagramアカウントがFrank Ocean本人のものであるという説が有力になってきている。

Frank Oceanが自身のラジオで中間選挙に投票するよう国民に呼びかけ | 激戦区の投票者にはマーチャンダイズをプレゼント

Frank OceanのBeats 1 での番組“Blonded Radio”が昨日放送された。

Frank OceanとTravis Scottの間でトラブルが発生するもすぐに仲直り

その完成度の高さと大ヒットによって今年を代表するヒップホップアルバムとなったTravis Scottの『ASTROWORLD』。豪華な参加アーティストを迎えて制作された同作だが、中でも“Carousel”におけるFrank Oceanの参加は話題を呼んだ。しかし、そんな両者の間で“Carousel”を巡る問題が発生してしまっていたようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。