Gucci ManeとFutureが昨晩録音したというコラボ作『Free Bricks: Zone 6 Edition』をサプライズ・リリース

アトランタのトップラッパー、Gucci ManeとFutureの2人が驚きの動きをみせてくれた。昨晩録音されたばかりだという6曲を収録した最新ミックステープ『Free Bricks: Zone 6 Edition』を24時間経たない間にリリースしたのだ。

2人は2011年にコラボ作『Free Bricks』をリリースしており、今作はその続編となる。

 

GucciがMissInfoに語ったところによると、「おれとFutureは昨夜アトランタで、クルーのやつらもいない状態で、極秘で会ったんだ。おれたちはシークレットで録りたかったから普段使ってるスタジオを使えなかった。すごいポジティブな競争だったぜ。Futureのバースを聞くと、おれもステップアップしなきゃならないってなったからな」と昨夜はエキサイティングなレコーディングだったようだ。

Futureも同じ印象だったようで、「すぐに6曲のヤバい曲ができたぜ、ヤバすぎて座ってなんかいられなかった。もっと曲はできたけど、やりすぎてもダメだから6曲にしておいたんだ。Futureでさえも今日リリースするとは思ってないはずだぜ。まだ生まれてから24時間も経ってない曲たちだよ」とGucciは続けている。

Gucci ManeとFutureによる『Free Bricks: Zone 6 Edition』はSoundCloudで聴くことができる。

Via MissInfo

RELATED

Gucci Maneが「刑務所に入っていなければドラッグで死んでいた」と語る

トラップの元祖の一人としても知られ、現在も第一線での活躍を続けるGucci Mane。そんな彼は今までに複数回逮捕され刑務所に入っていたことでも知られているが、「もし刑務所にはいっていなかったらドラッグで死んでいた」と語っていることが話題となっている。

Gucci Maneのライブでステージに上がったファンをセキュリティが突き落とす

ラップのライブを観てバイブスが上がりすぎたファンが痛い目を見る事例は多々あるが、今回またしても熱狂的なファンがステージに上がろうとしてしまったようだ。

FutureがJuice WRLDが自身の影響でリーンを飲んだと知って謝罪する

先日リリースされたFutureとJuice WRLDの二人によるアルバム『WRLD ON DRUGS』。わずか5日間でレコーディングされたことでも話題となっている同作だが、レコーディングの最中にJuice WRLDが何気なく発した言葉がFutureを深く反省させたという。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。