Young Thugが所属するアトランタのYSL CrewがフランスのBromance Recordsとのコラボミックステープのリリースを告知

アトランタのYSL CrewがフランスのBromance Recordsとのコラボミックステープのリリースを告知。その中から”No Bullshit”を公開した。

by BATCHO

Young Thugも所属するアトランタのYSL Crewが、同じくアトランタ拠点のDrug Money USA、Brodinski率いるフランスのレーベルBromance Recordsとのコラボレーション・ミックステープ『Young Slime Season』の発表を告知した。11月下旬のリリースに先立ちYSL Crew所属のラッパーTwice、Lil PattとBromance Records所属のプロデューサーMydとのコラボレーション曲”No Bullshit”が先行公開されている。

The Fader誌の記事によると、Mydは「アトランタの創造的で、自発的で、インスピレーションに富む明るい一面」をこの曲に反映したのだという。その言葉通り、普段はトラップのビートでラップするTwiceとLil Pattが涼しげなダンスホール調トラックに自由自在にメロディを乗せていくさまから風通しの良さがうかがえる。

Rich Gang “Lifestyle”(2014年)、Jamie xx “I Know There’s Gonna Be (Good Times)” (2015年)、Drake “One Dance” (2016年)から連なる流れを感じさせる”No Bullshit”は、今月下旬にリリースされるミックステープへの関心を高めてくれる。

Twiceは今年6月、Young ThugとともにDrake “Controlla”のリミックス曲を発表している。
Twice & Young Thug - "No Wendy's" ("Controlla" Remix)

RELATED

Young ThugがVirgil Ablohとのインタビューの中で「これまで15000曲をレコーディングした」と発言

Anderson .Paakが「65000曲のストックがある」と発言するなどラッパーたちが作った曲数を盛ることはあまり珍しくないが、今回はYoung ThugがInterview Magazineにて驚異的な数字を口にしている。

Young ThugのエンジニアAlex Tumayがファン達はリークを望むべきではないと語る

先日、最新EP『On The Rvn』をリリースしたYoung Thug。 EPの最後に収録されているElton Johnとの楽曲“High”はリリースの1週間前ほどにリークされてしまったのだが、ヒップホップに限らず、音楽業界においてリークというのは深刻な問題であり続けている。

Young Thugが「Lil Wayneの『Tha Carter V』はLil BabyとGunnaの『Drip Harder』よりもハードにならない」と語る

本日リリースされたLil Wayneによる「Carter」シリーズの最新作『Tha Carter V』。未だシーンへの絶大な影響力を誇るLil Wayneの新作とあって同作は大きな注目を集めており、Kendrick Lamar、Travis Scott、Nicki Minaj、XXXTentacionからSnoop Doggにまで及ぶ豪華なゲストをフィーチャーしていることも話題だ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。