トランプ反対派からの支持も得るカナダの議員 Norm Kellyって誰?

Norm Kellyという人物をご存知だろうか?カナダのトロント市評議員を務めており、選挙投票率が高いわけではないカナダで一定の支持を得ている。それも特に若者から。一体何が人気なのだろうか?

 

Normは現在75歳にしてDrakeが大好き。NormのTwitterはDrakeに関することでいっぱいだ。そんなつぶやきが若者にウケて、アカウントのフォロワー数はなんと35万人強。だが今回はDrake以外に関するつぶやきに注目してみたい。

ドナルドトランプの勝利で既に幕は閉じたが、長い間白熱していたアメリカ合衆国大統領選挙に関してのつぶやきである。その内容は「American followers: I get you're nervous, but stop tweeting, DMing, and emailing me "Hey big head". That's not going to accomplish anything. (アメリカ人のフォロワー方、いらいらするのは分かるけど、ツイートやDM、Emailで私を誘惑するのをやめてくれ。そんなことをしても何もならない。)」というもの。このつぶやきは大統領選挙が熱を帯びるにつれて反響を呼び、現在では4万以上のリツイート、5万以上のお気に入りがされている。また、「Hey Big Head」「Heyyyy big head」などのリプライが多数寄せられ、メディアでも取り上げられるほど話題をさらった。

現在アメリカにはカナダに移住しようと考えているトランプ反対派が多いそうだ。そんな彼らは、このNormのつぶやきを見てより一層カナダへの移住の思いを馳せたのではないだろうか。

Drakeに関することだけでなく世界情勢・政治に関することもつぶやくことで、巧みに若者にも考える機会を創出した。今後もNormのつぶやきに注目していきたい。

RELATED

DrakeがKodak Blackの『Dying to Live』を「ここ5年間で一番好きなアルバム」と絶賛

先週末にリリースされたKodak Blackの最新作『Dying to Live』をDrakeが絶賛していることが明らかとなった。

Kanye WestがTwitterでDrakeへの不満をぶちまける

Kanye WestとDrakeといえば、ともに楽曲を制作する間柄でありながら、ビーフとまではいかないまでも、度々お互いをディスするなど長きにわたり複雑な関係性が続いていることは有名な話だ。だが、今回はそうはいかないかもしれない。Kanyeが自身のTwitterでDrakeへの不満をぶちまけたのだ。

Meek MillがDrakeによるディス曲“Back to Back”のビートでフリースタイル

長きに渡ったDrakeとのビーフを解消し、先週リリースした最新作『Championships』も話題となり絶好調のMeek Mill。そんな彼がHot 97の人気ラジオ番組「FUNK FLEX」に出演し、Drakeによる2015年のディス曲“Back to Back”のビートでフリースタイルを披露した。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。