DiploなどのトップDJたちがアメリカ大統領選挙への投票を促す #WeDanceWeVote キャンペーンを展開

いよいよアメリカ大統領選挙は本日11/8に一般有権者による投票が行われる。現状ヒラリー・クリントンが有利とはいわれているものの、フロリダなどの激戦区の動向次第では、まだドナルド・トランプが勝利するチャンスもあるとのことで、全く予断を許さない状況だ。

 

そんな中トップDJたちを中心に#WeDanceWeVoteというハッシュタグを用いたキャンペーンがTwitterなどのSNSで広がっている。これはダンスミュージックファンに大統領選挙への投票を促す試みだ。

これまでにDiploと彼のユニットMajor Lazerや、Destructo、Tommy Trash、GTAなどの人気DJたちのほか、A-Trakが主宰するFool's GoldなどのレーベルアカウントからHARD FestやHOLY SHIPといったビッグイベントのアカウントも、このハッシュタグを用いたツイートを行っている。#WeDanceWeVoteのハッシュタグを用いたツイートはこちらから見ることができる。

RELATED

Major LazerがTove Loをフィーチャーしたニューシングル"Blow that Smoke"をリリース

アフロビーツシーンのアーティストとのコラボ曲の連続リリースを行っているMajor Lazerが、新たにスウェーデンの人気シンガーTove Loをフィーチャーしたシングル"Blow that Smoke"をリリース、YouTubeでリリックビデオを公開した。

Diploが「次のアルバムがMajor Lazerの最後の作品になる」と発言

言わずと知れたトップDJのDiplo率いるMajor Lazer。2008年から現在に至るまでダンスミュージックシーンのトップを走り続けてきたこのユニットが、次回作で活動を終了するという。

Diplo率いるMajor Lazerがアフロビーツミックスをリリース | Burna BoyやMr. Eaziとのコラボチューンも

ダンスホールやヒップホップ、R&Bなどと結びつき新しいサウンドが続々と生まれているアフロビーツシーン。そのシーンについてMajor LazerのDiploは近年アフリカ・ナイジェリアなどを訪問し、当地のアーティストたちと交流を深めてきた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。