Underground Resistance、ドナルド・トランプとデトロイトの未来について語る

「俺はドナルド・トランプを軽蔑してる」そう語るのはデトロイトのテクノレーベル、Underground ResistanceのEddie Fowlkes とJohn Collinsだ。

 

2人がアメリカ大統領選について語るchannel4のインタビュー映像が公開された。ヒラリー・クリントンが勝利した場合は、ヨーロッパへのレコードの輸出等影響を受けるだろう。そう彼女の貿易政策を懸念しつつも、デトロイトテクノに関わる人々はクリントンをサポートしていると語った。

「もし君たちが投票に行かなければ、結果はトランプになるだろうね」と警告するCollins。

インタビューの映像はこちらから見ることができる。(Tomomi Sonoo)

Via FACT

RELATED

議員に立候補した元ラッパーの過去のリリックが問題に

楽曲の中で政治的な主張を行うラッパーはコンシャスラッパーと呼ばれ、ヒップホップシーンに数多く存在している。しかし、もしもそのようなアーティストが政治家を目指して活動する場合、過去の楽曲の内容が問題になってしまうこともあるようだ。

スイスのチューリッヒがテクノを無形文化遺産に認定

スイス最大の都市チューリッヒがユネスコの無形文化遺産に、新たにテクノを認定すると発表した。

音楽の授業にテクノを取り入れるべきと大学教授が発表

イギリスのマンチェスター・メトロポリタン大学のPete Dale教授は、テクノなどのエレクトロニックミュージックを、学校の音楽の授業に取り入れることが、音楽教育を革命的に進化させるという意見を発表した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。