ミュージシャンは鬱や不安を感じやすい?ロンドンのNPO法人団体と大学による研究から

ミュージシャン、また音楽関係者は、それ以外に比べて約3倍の人が鬱病を発症したり不安を感じやすいという研究結果が、ロンドンのNPO法人団体、Help musicians UKから報告された。

 

これはウェストミンスター大学が、音楽関係者2221人を対象に行ったもので、音楽関係者という職業柄、生活の維持や一般とは違う生活時間、疲労、先の見通しがわからないなどの不安が、精神状態の悪化に影響するようだ。

また女性に関しては、音楽の職場環境での性差別による問題も鬱の原因と関わっているという。

全ての調査結果はこちらから見ることができる。(Tomomi Sonoo)

Via FACT

RELATED

Kid Cudiがかつて持っていた自殺願望について語る

メンタルヘルスについて歌うラップの先駆けとして現在多くの若いアーティストからリスペクトされているKid Cudi。2016年に鬱病を患っていることを告白しリハビリ治療を行っていた彼が、その経験をGQの記事にて語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。