Supremeがリリースしてきたちょっと変わった小物たち | Part.3 実用品編

大人気ストリートブランドSupremeの注目アイテムと言えば他ブランドやアーティストとのコラボアイテムもそうだが、やはりSupremeのロゴ入り小物だろう。先日Supremeはロゴが入ったレンガをリリースしたが、Supremeのロゴが入っていれば灰皿もライターもバットも、ファンにとってはコレクションの対象になってしまう。

 

SupremeコレクターのRoss WilsonはSupremeがリリースした小物を50個リストアップし、その小物に隠されたストーリーを解説してくれている。それらの中から今回はSupremeがリリースした実用的なグッズ紹介する。

1. 自転車用の鍵

Supreme accessories fragment lock 22007年SSに登場。

2. 空気入れ

Supreme accessories bike pump 1200x8002011年に登場。2016年はより大きくなって帰ってきた。

3. ダイヤル式の鍵

Supreme accessories master lock 22008年にリリースされたダイヤル式の鍵。学校のロッカーなどに使用して、他の生徒たちと差をつけよう。

4. カッター

Supreme accessories boxcutter 1200x8002006年に登場。Supremeのスタッフは新商品が詰まったダンボールをこのカッターで開けているのかもしれない。もしくは通販のダンボールをこれで開ければもっと気持ちが高まるかも。

5. カッター

Supreme accessories buck knife 1200x8002009年にリリース。

6. タオル

Supreme accessories small towel1 1200x800関西のおばちゃんがもっていそうなヒョウ柄のタオル。毎年リリースされるタオルでもこれはかなりパンチが効いている。実はこれ2006年に、日本の雑誌Smartのおまけとして配布されたもの。海外ではレア品として扱われているようだ。

7. プレイボーイ・キー

Supreme accessories playboy key 1200x800

8. コンパス

Supreme accessories compass 1200x80090年代後半に登場したコンパス。

9. 懐中電灯

Supreme accessories maglite 1200x800アメリカの懐中電灯メーカーMagliteとのコラボ。

10. ボルトカッタ

Supreme accessories bolt snips 1200x800
太い鋼のワイヤーなどを切断できるクリッパー。

via Highsnobiety

Supreme(楽天)

RELATED

Supremeがトランプ大統領による性的虐待の告発者に捧げるTシャツを発表

SupremeとフォトグラファーのRichard Princeが、トランプ大統領による性的虐待の被害に遭った18人の女性たちをフィーチャーしたTシャツを発表した。

Supremeにロゴをサンプリングされた養豚企業が自前のLOOKBOOKでレスポンス

先日大人気ブランドSupremeの今年の秋冬コレクションがローンチされた。東京の各ショップにも大行列ができるなど、相変わらずの人気を誇る同ブランドと、60年近くの歴史をほこる大手養豚企業Farmland Foodsとの間で、興味深いやりとりがされている。

Lil Yachtyが自分が持っているSupremeの服を全部売る予定

Supremeといえば、今世界で最も人気のあるブランドの1つだろう。ニューヨーク発のこのブランドはヒップホップシーンでも揺るぎない地位を確立しており、これまでにも様々なラッパーが袖を通してきた。DipsetやNotorious B.I.Gなど、ニューヨークに関わりが深いラッパーたちともコラボしている。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。