柔らかな先端がテーマのブランドVUTANTの2017SSルックが公開

小鷹 瑛宏がデザイナーを務めるブランドVUTANTの2017年SSルックが公開された。
VUTANTはA Soft Tip=柔らかな先端をコンセプトに掲げ、柔軟でエッジな感性を表現している。時代の移り変わりを柔軟に感じ、テクノロジーとクリエイティブをベースにVUTANTのアイテムは創作が行われていく。

 


まずコレクションを大きく彩るのは、popでテクニカルなグラフィックたちだ。
プリントのインク厚が3mmもある独自開発したプリント手法、3Dプリントや、チェッカーフラッグ柄をスプレー缶で描くという発想から生まれた総柄模様。光に当たると浮かび上がるVRで踊る少年達。

アウターにはエッジの効いたプリントや刺繍が施されたMA-1やスーベニアジャケット、ボトムスには高級素材を使いながらも切りっ放しのディテールのスラックス、ほどよく肩の力を抜いたリアルクローズが今シーズンのスタイルの基盤だ。

グラフィックは前シーズンに引き続き今季もグラフィックDIYアーティスト、KOUが手掛けた。

全アイテム、徹底的に計算されたパターン構成と素材感で柔らかな着心地を生むものになっている。

大きく変形したデザインはないが、近未来的なプリントからひねりの効いたディテールまでを揃えることで、オリジナリティー溢れるコレクションを繰り広げている。

 

<Credit>

Photographer:ko-ta shouji
Stylist:ko-ta shouji
Hair&make-up:daisuke mukai
Model:jakub simek
Graphic:kou www.koooooou.com

〈info〉
instagram : https://www.instagram.com/vutant
web : http://www.vutant.tokyo

 

VUTANT(楽天)

RELATED

Sasquatchfabrix. 2018 SS LOOK BOOK | テーマは「まれびと」

Sasquatchfabrix.の2018 SSシーズンのLOOK BOOKが公開された。シーズンテーマは「まれびと」だ。

MINUSのSS18コレクションのLOOKBOOK | テーマはJAFA(日本航空宇宙流行研究庁)

2012年よりブランドをスタートさせた藤本透がデザインを手掛ける『マイナス(―)』が、2018SSコレクションのLOOKBOOKを公開した。

Sasquatchfabrix.の2017-18 AW LOOK BOOK | テーマは“ethos”

Sasquatchfabrix.の2017-18 AWシーズンのLOOK BOOKが公開された。今季のシーズンテーマは前シーズンから引き続き“ethos”となる。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。