A$AP Rockyが故A$AP Yamsやクルーのアイデンティティー、そしてTyler, the Creatorについて語る

A$AP Mobの新作『Cozy Tapes Vol. 1』は予告通りハロウィーンにリリースされた。A$AP MobのメンバーたちとLil YachtyやLil Uzi Vert、Tyler, the Creatorなどが参加したA$AP Mobとしては4年ぶりの新作について、A$AP RockyがGeniusのインタビューに答えている。

 

Rockyはインタビューの中で、まずA$AP Mobの創設者であり昨年亡くなったA$AP Yamsの功績について振り返っている。

A$AP Mobのクルーとしての見せ方や、強烈なパーソナリティーが集まったメンバーを献身的に支えてきた故Yamsが遺した古いノートを参照し、新作は作られていったという。

「Yamsのビジョンの通りにA$AP Mobはやってるよ。でもおれは折衷的だし、おれ個人にとってのビジョンはYamsのビジョンとは違うよ。A$AP Mobとして動くときも、おれたちはちゃんと個人のパーソナリティーを見せていく。おれはA$APには誰かのパクリみたいな集団にはなってほしくないんだ。なぜならおれが最初に世に出たときはYamsの見せ方通りにやっていたから。自分たちらしく動き続けるだけだぜ」

また最近のラップシーンについても言及したRockyは「Tyler, The Creator、ScHoolboy Q, French Montana, Danny Brownはみんなおれの友達だよ。でも最近のラッパーのほとんどには興味ないから、一緒にもやりたくないぜ」と明かす。新作に収録されている"Crazy Brazy"でラップしている"anti-everything since Yams died"(Yamsが死んでから全てにアンチ)というリリック通り、Rockyはいまのヒップホップシーンにほぼ関心がないようだ。

また数少ない友人の1人であるTylerには、しばしば電話をかける仲らしく、今回の楽曲"Telephone Calls"も一緒に遊んでいるときにできた曲だということだ。「あの曲が生まれた経緯は面白いんだ。Lil YachtyとLil Uzi Vert、Yung Gleeshで家にいたときに、多分7時くらいだったかな、Tylerが家に来て「なにやってんだ、お前ら。なんでみんな酔っ払ってんだよ、パーティーかなんかしてたのか?」とTylerは言ってたよ。おれは曲をかけて、友達と曲を作ってたんだと言ったら、Tylerは「この赤い髪のやつはなんなんだ、まるでAndre 3000みたいじゃねえか」って言うからLil Yachtyだよって言ったら「Lilなんだって?!」って言われたよ」とRockyは振り返る。

そしてRockyは"Telephone Calls"をプレイし、Tylerにこの曲に参加するように頼んだという。Rockyは「Tylerは曲をやってくれて、この曲の重要なポイントを担ってくれたよ。でもさらにヤバい曲をおれたちは一緒に作ってるから待っててくれ。Tylerはマジでおれの兄弟だよ、一生仲良くしてたいね」とTylerに対する熱い信頼を語った。

GeniusでのA$AP Rockyのインタビューはこちらから。

RELATED

写真でヒップホップの歴史を辿る書籍『コンタクト・ハイ 写真でたどるヒップホップ史』が刊行

12/21(金)に書籍『コンタクト・ハイ 写真でたどるヒップホップ史』が刊行となる。この本はタイトル通り、誕生から45周年を迎えたヒップホップの歴史を作ってきた写真に焦点を当て、決定的な一枚とアウトテイクを掲載しているもの。

銀座のストリートフェスティバル『GL』が今年も開催

銀座の街に点在する個性的なバーやレストランで、HIPHOPからJAZZ、REGGAE、HOUSE、ROCKそして歌謡曲まで、豪華出演者たちの最高のパフォーマンス堪能できるフェスティバル「GL」が11月17日(土)に開催する。

タイの軍事独裁政権を批判するラップチューンのミュージックビデオが大きな話題に

Studio Voiceのアジアの音楽シーンを特集した最新号でも大きくフィーチャーされるなど、盛り上がりをみせているタイのラップシーンから飛び出した1曲のミュージックビデオが大きな話題となっている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。