BEAMS40周年記念プロジェクト第2弾『WHAT’S NEXT? TOKYO CULTURE STORY』BOOKが発売

BEAMSの40周年記念プロジェクトとしてスタートした、『TOKYO CULTURE STORY』。第1弾として10/21(金)に、 40年間の東京のカルチャーを、 ファッションと音楽という2つの視点から振り返るMV"TOKYO CULTURE STORY 今夜はブギー・バック(smooth rap)"が公開された。

 

そんなプロジェクト第二弾として、 ファッション、 音楽をはじめとする東京を彩った様々なムーブメントを、 当時のカルチャーシーンを代表する各界の著名人への総力取材を通じて徹底分析した書籍『WHAT’S NEXT? TOKYO CULTURE STORY』が、昨日発売開始となった。

同書では、第1弾のMV"TOKYO CULTURE STORY 今夜はブギ―・バック(smooth rap)"で話題になった各年代のファッションや象徴的なアイテムを徹底解説、 当時流行したスタイルやその背景をまとめている。

Beams

その他、 裏原の繁栄やスニーカーブームといった、 MVに登場したスタイルを取り巻くファッションムーブメントはもちろん、 バブル期のスキーブームやギャル文化、 サードウェーブコーヒーまで、 時代を象徴するカルチャーもコラム形式で紹介。更に、 時代を彩ってきた総勢60名以上のアーティスト、 デザイナー、 スタイリストなど各界著名人のインタビュー・コメントも掲載している。

Beams

 

Beams

巻末にはMVにもメインキャストとして登場している俳優の池松壮亮、 女優・モデルの小松菜奈が登場し、 それぞれのファッション観を語っているほかに、帯には藤原ヒロシ、 小松菜奈、 YONCE(Suchmos)がコメントを寄せている。帯コメントは以下。

「僕の知らない、 東京独特のファッション、 独特の時間軸がここにある。 」 ー 藤原ヒロシ、

「ファッションには、 モチべーションを上げてくれる力がある。 自分で新しい扉を開けていくための、 東京ヒストリー」 ー 小松菜奈、

「ロックとファッションとの出会いが俺を突き動かしてくれた。 色褪せない憧れは終わらない!」 ー YONCE(Suchmos)

Info

Beams

『WHAT’S NEXT? TOKYO CULTURE STORY』 
2016年10月31日(月)発売
■価格:1,650円(税込)■著者/編集:マガジンハウス ■出版社:マガジンハウス ■ページ数:212p

○ BEAMS公式ウェブサイト:  www.beams.co.jp
○「TOKYO CULTURE STORY」公式ウェブサイト:  tokyoculturestory.com

BEAMS(楽天)

RELATED

音楽家・寺尾紗穂のエッセイ集『彗星の孤独』が刊行

2007年にリリースしたピアノ弾き語りによるアルバム『御身』が話題となり以降ソロ作をリリースしつつ、伊賀航、あだち麗三郎と結成したバンド冬にわかれてや坂口恭平バンドにも参加してきた音楽家の寺尾紗穂。

Snoop Doggが料理本『From Crook to Cook』を出版

言わずと知れたヒップホップ界のレジェンドSnoop Dogg。 最近では世界一巨大な“Gin and Juice”カクテルを作りギネス記録を更新するなど、音楽以外の話題が多いが、今度は自身の料理本を出版することになった。 題名は『From Crook to Cook』で「悪党からコックへ」と...

カレー屋まーくんのスパイスレシピ本がクラウドファンディングで制作開始 | リターンにはPUNPEEの新作7インチレコードも

Mr.マジックバジャールのDJネームでヒップホップ、ディープハウス、テクノなどを自在に横断するプレイを披露し、近年では加山雄三 feat. PUNPEEの"お嫁においで 2015"のプロジェクトディレクターを務め、昼は渋谷でカレー屋を営むカレー屋まーくん。 波乱万丈なキャリ...

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。