Kid CudiをサポートしていたはずのKanye Westが、DrakeのCudiディス曲に参加していたことが明らかに

Kanye Westは先日のライブで、元G.O.O.D. MUSICのメンバーで現在うつ病と戦っているラッパーのKid Cudiに対して、エールを送っていた。Kanyeの「Cudiのためにみんな歌ってくれ」という熱いシャウトは、とても印象的だった。9月にCudiがKanyeとDrakeを批判した件をきっかけに起こった一連の騒動で、片やDrakeはCudiのパーソナリティーをディス、Kanyeはエールを送るという、対応の仕方に差が出た結果で終わるはずだった..

 

しかしDrakeがCudiをディスした"Two Birds, One Stone"に当のKanyeがプロデューサーと作詞として参加していることが明らかになった。

Kanye West

表面的にはCudiにエールを送りつつ、DrakeのCudiディス曲にも参加するKanyeの真意は一体どこにあるのだろうか。

そしてこの問題はCudiがDrakeに対して、Twitterで直接応戦する旨を伝えたことで、さらに泥沼化していくことが確実になってしまった。

RELATED

DrakeがシカゴでのライブでKanye Westをディス

Pusha Tとのビーフでは沈黙を保ったDrakeだったが、その件の間接的な影響もあるのか、ライブでPusha Tが社長を務めるG.O.O.D. Musicの創立者Kanye Westをディスした。しかも場所はあろうことか、Kanyeの地元であるシカゴでだ。

DrakeがQuavoとバスケのシュート対決に負けて1万ドルを支払う

現在、『Aubrey and The Three Migos』と題したツアーで北米を回っているDrakeとMigos。そんなツアー真っ只中の両者だが、DrakeとMigosのQuavoが現地時間日曜の夜に行われたカンザスシティ公演を前に、ハーフコートショットで競い合った。

Kanye Westが『Jimmyb Kimmel Live!』でのトランプ大統領を巡る質問に答えなかったことについて苦しい釈明

先日、人気番組『Jimmy Kimmel Live!』に出演したKanye West。彼の登場は世界的に注目を集めたが、その中でもホストのJimmy Kimmelによる「あなたは”ブッシュ大統領は黒人のことを一つも考えていない”と発言したことで有名ですが、トランプ大統領が彼らに対してやっていることについてどう思いますか?」という質問と、それに対してKanyeが沈黙したことが大きな話題を呼んだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。