Kid CudiをサポートしていたはずのKanye Westが、DrakeのCudiディス曲に参加していたことが明らかに

Kanye Westは先日のライブで、元G.O.O.D. MUSICのメンバーで現在うつ病と戦っているラッパーのKid Cudiに対して、エールを送っていた。Kanyeの「Cudiのためにみんな歌ってくれ」という熱いシャウトは、とても印象的だった。9月にCudiがKanyeとDrakeを批判した件をきっかけに起こった一連の騒動で、片やDrakeはCudiのパーソナリティーをディス、Kanyeはエールを送るという、対応の仕方に差が出た結果で終わるはずだった..

 

しかしDrakeがCudiをディスした"Two Birds, One Stone"に当のKanyeがプロデューサーと作詞として参加していることが明らかになった。

Kanye West

表面的にはCudiにエールを送りつつ、DrakeのCudiディス曲にも参加するKanyeの真意は一体どこにあるのだろうか。

そしてこの問題はCudiがDrakeに対して、Twitterで直接応戦する旨を伝えたことで、さらに泥沼化していくことが確実になってしまった。

RELATED

A.P.C.がKid Cudiとのコラボレーションアイテムを発表

A.P.C.が新たにA.P.C. INTERACTIONと呼ばれる新たな取り組みを発表、第一弾のコラボレーターとしてKid Cudiが選出された。

Drakeが4400万円の特注iPhoneケースを作ったことが明らかに

先日のグラミー賞では“God’s Plan”で年間最優秀ラップ楽曲賞を受賞したDrake。名実ともにトップラッパーとなった彼は強大な財力を惜しげも無く披露することで知られているが、またしてもとんでもないお金の使い方をしたようだ。

Kanye Westがバレンタインデーにサックス奏者のKenny Gによる演奏をKim Kardashianに送る

昨日はバレンタインデーだったこともあり、愛する人にプレゼントを贈ったという人も多いのではないだろうか。日本ではバレンタインデーといえば女性が男性にチョコレートを渡すというのが一般的だが、海外では男性が女性に贈り物をする日という風に定着している。Kanyeも愛する人にプレゼントを贈った男性の内の1人だ。今年、彼は妻であるKim KardashianにBabyfaceやRobin Thickeとともに楽曲をリリースしたこともあるサックス奏者Kenny Gによる演奏をプレゼントした。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。