Danny Brownのライブでサプライズプロポーズ大成功

10/21にダラスで行われたDanny BrownのThe Exibition Tourのライブの最中、ファンの男性がステージ上でプロポーズを成功させた。Mitchell Williamsは恋人の女性、Brooke Lawyerとの二ヶ月ぶりの再会をダラスで迎え、その当日ラッパーのDannyBrownのライブがあるのでそこでお祝いをする事にした。

 

MitchellとBrookeにとってDanny Brownは二人を繋げるきっかけをくれたラッパーで、私たちは一日中彼の曲を聞いていて、それ以外は彼のリリックを口ずさんでいるとPigeons & Planesに対してコメントしている。

プロポーズの経緯としてはMitchellはDanny Brownのライブの数時間前にこの企画を思いつき、直ぐにTwitterでDanny Brownにメッセージを送ったことが始まりだ。

「ライブが始まる数時間前にダラスでプロポーズするってアイディアが浮かんだんだ。だけど、どうやってするかは全く分からなかった。ただ一つ分かっていることは僕は指輪をもっているって事だけ」とMitchellは告白する前の心境を語っている。

Mitchellはまだほかの誰にもプロポーズのプランについては言っていなかったが、直ぐさまDanny BrownにTwitterでメッセージを送った。

「Danny Brownにプランを説明して、メッセージが返って来るとは思わなかったけど、彼は電話番号とマネージャーの電話番号を返信してくれたよ。」と語った。

一方、彼女のBrookeは「結婚については前に話した事はあるけど、こんなことになるなんて思いもしなかったわ。あの時、彼はトイレに行くって言って、私は友達のAndyと一緒にいて、そしたら、Mitchellがステージの脇から出てきて驚いたわ」とコメントした。

Danny Brown

その後、Danny Brownはその時の状況と二人への祝辞のツイートをした。

そして最後に、「彼は僕らの人生のハイライトをくれたし、これは僕らの関係の中でいつまでも特別な瞬間になる。これで彼にまたTwitterでウェディングの依頼がくるかもね」と、Mitchellは感謝の気持ちを述べている。

Via Pigeons & Planes

RELATED

Danny Brownのジョナ・ヒルが監督した"Ain’t it Funny"のホームドラマ風ミュージックビデオが公開

デトロイトのラッパーDanny Brownがアルバム『Atrocity Exhibition』から俳優のジョナ・ヒルが監督した"Ain’t it Funny"のミュージックビデオを公開した。

Danny Brown『Atrocity Exhibition』のプロデューサーPaul Whiteのフリー・ビート・テープ

Danny Brownの『Atrocity Exhibition』にプロデューサーとして参加したPaul Whiteが、未リリース曲を含むフリーのビート・テープをBandcampでリリースした。

Danny Brownのニューアルバムはフィジカルリリースに先駆けてストリーミングで先行公開

Danny Brownの新アルバム『Atrocity Exhibition』のリリース日は9月30日と公開されていたが、それに先駆けてDanny Brownはストリーミングサービスでアルバムを公開する予定だ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。