Kanye WestとJay Zの不和を側近が語る

Kanye Westが現在開催中のSaint Pablo Tourのステージ上でAppleとTidalの「ストリーミング戦争」やそれに関連してJay Zを非難した。この言動がかつてのボスであったJay Zの不和を引き起こしたのではと騒がれる中、Page Sixが匿名の情報として「Jay Zはここ数日のカニエの言動に関し、既に我慢の限界にある」と報じた。

 

匿名情報によると、もともと、彼らの不仲は急に勃発したものではないとPage Sixは報じている。2012年に開催された『Watch The Throne』ツアーの時点で、彼らの「親友像」は「偽物」であったという。Jay Zは「大金を稼げたからこそ」Kanyeの言動をある程度許容していたものの、もはや現在は我慢の限界に達したとのこと。

このような状況のなか、Roc-A-Fellaレコードの共同設立者であるKareem Biggs Burkeがインタビュー内で両者の関係について語った。BiggsとJay Zは「かつてのKanyeを恋しく思う」と前置きしたうえで、「Kanyeのステージ上の言動にショックを受けた。そんな不平不満を言ったこともなかった。公共の場でこのような言動に至ったと聞いたときは少しショックだよ」と述べた。

続けて、BiggsはJay Z のアルバム『Reasonable Doubt』のリリース20周年記念ポップアップストアの場でのKanyeと遭遇した時のことを語った。「最近彼と会ったとき、KanyeはJay Zをすごく褒めてたんだ。この時点での彼らの関係性についてなにか確信したわけではないけどね。Kanyeの暴言の後Jay Zと話したけど、俺らはただただかつてのKanyeを恋しく思った。Kanyeが正直な人間だって分かってるからこそね。多分、カニエは今現在なにか苦しんでいるのかもしれない。もしそのような状況だったら、3週間後には『俺たちはブラザーだ』って言える仲に戻ると思う。ともかく、現時点で、我々はもうビーフを繰り広げる年齢ではないのさ」と語っている。(伊藤)

RELATED

Kanye Westの19歳の大ファンが今まで収集してきたKanyeのグッズを販売するポップアップショップを開催

先日、ニューアルバム『YANDHI』のリリースを告知したKanye West。

Kanye Westがフォロワー数を非表示にすることをTwitterのCEOに提案

常に脳内でアイデアが迸っていることでお馴染みのKanye West。そんな彼が、今回は大好きなTwitterのUIについて意見を提供している。

Kanye Westと『Good Ass Job』を巡る15年の歴史

先日リリースが予告されたKanye WestとChance The Rapperによるコラボアルバム『Good Ass Job』。それと前後してアナウンスされたKanye自身のソロアルバム『Yandhi』も注目の的となっているが、古くからのKanyeファンにとっては『Good Ass Job』というタイトルに決まったことが特に話題となっている。そんな状況を受けて、DJBOOTHにてKanyeと『Good Ass Job』を巡る歴史を紹介した記事が公開されている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。