Anderson .Paakが下積み時代を振り返る

MUSIC  2016.10.19  FNMNL編集部

Anderson .Paakは先月行われた来日公演も即完売となり、日本での人気の高さもみせつけた。しかし.Paakについては、昨年リリースされたDr Dreのアルバム『Compton』で見るまで知らなかったという人がほとんどではないだろうか。『Compton』でDreにフックアップされた.Paakは今年リリースされたアルバム『Malibu』で一気にブレイク。スターの座をつかんだ。

 

今年30歳になる.PaakがHunger magazineのインタビューに登場し、下積み時代の経験について語っている。

.Paakは「自分の場合は全てがじわじわと広がっていったんだ。一気に夜から昼になるような、変化はそう何度も訪れるわけじゃない。Dreのフックアップは僕に栄誉を与えてくれたし、彼のクルーの1人になることもできたし、僕にとてつもなく大きな助けをもたらしてくれたよ。同時にこれまで、こんなに劇的な変化が人生でおこったことはなかったから、神に感謝するよ」とDreに対し感謝の言葉を述べた。

また下積み時代を振り返る.Paakは、他のアーティストが僅かの時間でロケットのようにあっというまにブレイクするのを見て、いらいらしていたという。「タフなライブをこなして、首筋を掴まれたままの状態で、仕事、仕事、仕事の日々で、ちょっとのリスペクトしか得ることができないから、もちろんフラストレーションはたまってたよ」と語っている。しかしその辛い時代のおかげで「多くのことを得ることができた」という。「その時期はとても重要だった、その時代を経ていなければ、下積み時代に感謝なんてできなかっただろうからね」と語る.Paakは、続けて「今は完璧なタイミングだよ、下積み時代におこった全てのことに感謝できるからね」と下積み時代があったからこそ、現在のAnderson .Paakが出来上がったとも話す。

さらに「前に何かの引用を見たことがあるんだ、その文は『頂上に立つまでに長い時間がかかったら、それだけ長くトップに立ってられる」と書いてあった、僕はそれを信じてるよ」と.Paakは確信を持って話している。

Hunger magazineでのインタビューはこちらで読むことができる。

あわせて読みたい

MUSIC

FASHION

CULTURE