Markus Poppによるテクノユニット、OVALの新作アルバム『popp』がリリース

MUSIC  2016.10.15  FNMNL編集部

90年代中盤にCDスキップを使用したエポック・メイキングな実験電子音響作品を世に送り出し、エレクトロニック・ミュージックの新たな可能性を提示したOVALことMarkus Poppが、2010年に発表した復活作『o』以来となるOVAL名義でのアルバム『Popp』を発表。ボーナス・トラックを含む日本盤が2016/10/19(水)に発売される。

 

“This is where I want to live: In the outer rim of “Forever fifteen””.(ここには、私が望む“永遠の15歳”のouter rimでの暮らしがある。)M.Popp

2枚組で70曲以上を収録し、日本でもベストセラーとなった『o』以来の発売となる、OVALとしてのプロパーな新作となる今作品。幻想的なボーカルをフィーチャーし、OVAL流クラブ・トラックともいえるファンキーでダンサブルな楽曲を収録するなど、OVALの作品の中で最も聴きやすい作品になっている一方、彼が常に挑戦的であり続けていることを実証するかのように、これまで以上に刺激的なサウンドに溢れた仕上がりになっている。また、日本盤のみ2曲のエクスクルーシヴなボーナス・トラックが収録されており、それらは今作と次作をつなげる完全新曲だという。

『popp』は、10/14(金)より配信開始、10/19(水)に日本盤発売となるが、タワーレコード渋谷店、新宿店、梅田大阪丸ビル店では、配信開始日に合わせて先行発売を実施。また、Soundcloudにて収録曲“Fu”のフル・バーションも公開されている。

さらには、11/28(月)に京都の新ライブスペース「外」にて、HEADZ主宰の佐々木敦氏によるトーク企画「ポストR&Bとポストポストロック~OvalとRadianの新作を聴く~」の開催も決定している。

INFO:

OVAL

タイトル:『popp』

商品番号:oval 2 / HEADZ 214(原盤番号:EOVA_03)

価格:¥ 2,200 + 税

発売日:2016/10/19(水)(デジタル配信:2016/10/14(金))

収録曲:
01. ai 4:20

02. fu 3:28

03. re 4:00

04. ku 4:12

05. sa 4:16

06. lo 4:10

07. id 3:28

08. my 3:36

09. mo 3:20

10. ca 4:08

11. ve 4:24

12. li 4:16

13. la 4:20

※ tracks 12、13は日本盤のみ収録のボーナス・トラック

あわせて読みたい

MUSIC

FASHION

CULTURE