イギリスで導入された新5ポンド札はレコードの針としても使えることを証明した動画

イギリスで今年9月13日導入された新5ポンド札はレコードの針代わりになることが証明された。

 

上記の動画によると、新5ポンド札の角を回転するレコードの上に載せると、音楽が鳴るとのこと。紙幣の角から伝えられた振動が紙幣を震わせ音を出しているようだ。

(この5ポンド札が奏でる音楽は、、、1976年ABBAの"Money, Money, Money"!)

この新しい5ポンド紙幣はポリマー樹脂で作られており、紙のお札より強く、防水性もある。折ってもしわになりにくいそうだ。表にはエリザベス女王が、裏面にはウィンストン・チャーチルの顔が描かれている。

これから10ポンド札、20ポンド札もポリマー紙幣に切り替えられていく。

こちらはイングランド銀行による美しい5ポンド札の紹介ビデオ。

RELATED

アメリカでレコードの売上がフィジカル音源売上の3分の1を占める

近年のレコードブームの再来により、2017年にはアメリカでのレコードの総売上枚数が1991年以来最高を記録した。そして、昨年もその勢いは続いているようだ。

『TOKYO RECORD MARKET』とDJパーティー『EXOTIC FEELIN’』が明日同時開催

11月3日(土・祝)に、下北沢ゲージで「TOKYO RECORD MARKET」、隣接するアジア屋台酒場・ロンヴァクアンでDJパーティー「EXOTIC FEELIN’」が開催される。

YOKOHAMA RECORD MARKETが明日開催 | VIDEOTAPEMUSICやOMSBもDJで出演

横浜・みなとみらいの象の鼻テラスで、明日9/30(日)にYOKOHAMA RECORD MARKETが開催される。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。