tofubeats, tomad, Meishi Smile, Moon Maskがアジア次世代のポップカルチャーを紹介するトークイベントに出演

MUSIC  2016.10.11  FNMNL編集部

今週末10月15日(土)国際交流基金アジアセンターにて、アジアの次世代のポップカルチャーシーンを紹介するトークイベント「Liquid Asian Pop Scene-日本・フィリピン・アメリカ:漂流するアジアとポップカルチャー-」が開催され、Maltine Recordsのtomad、tofubeats、LAのMeishi Smile、フィリピンのMoon Maskが登壇。

 

<<Event Info>>

トークイベント「Liquid Asian Pop Scene-日本・フィリピン・アメリカ:漂流するアジアとポップカルチャー-」

インターネットを通して新しいポップカルチャーが見えてくる―。
音楽を通して新しいアジアのイメージを体感する―。
フィリピン、アメリカ、日本のアーティストによるトークイベントとライブショーケースを開催。

国際交流基金アジアセンターでは、アジアの次世代のポップカルチャーシーンを紹介するため、フィリピン、アメリカ、日本のアーティストを招いたトークイベントとライブショーケースを開催します。
音楽の制作環境の変化や、YouTube、SoundCloudといったストリーミング環境によって広がる新たな音楽シーン。そこには既存の音楽産業に留まらない、多様なコミュニティと国際的に広がるネットワーク、さらにはファッションやビジュアル、イベントと相互に影響し合うムーブメントが存在しています。
文化庁メディア芸術祭20周年企画展「変える力」のオープニングにあわせ、連携企画として開催するトークイベント「Liquid Asian Pop Scene-日本・フィリピン・アメリカ:漂流するアジアとポップカルチャー-」では、インターネットを共通基盤とした国際的な音楽の制作・発表状況、ネットレーベルの活動と関係性を紹介し、インターネットの発展以降にある同時代の文化形成について考えていきます。各々の文化がどのように需要され、影響を与え、さらには昇華されているのか――。アジアの多様なポップカルチャーの影響を読み解くことで、インターネットという共通基盤からひらかれる、アジアにおける同時代のカルチャーシーンを紹介します。
また、アジアとともに新しい価値を創っていくことを目指す福岡アジアンパーティ「The Creators」を舞台に、エレクトロニックミュージックのショーケースプログラム「Neo Asian Pop Showcase」も開催。音楽から新しいアジアのイメージを発信します。

2016年10月15日(土)17:30~20:30
会場 アーツ千代田3331 体育館
東京都千代田区外神田6丁目11-14
参加費 入場無料(事前申込制)
申込方法 ・チケット申込サービス「Peatix」をご利用ください。
http://ptix.co/2dksGm1
・個人情報の取り扱いにつきましてはPeatixの利用規約に同意いただいた上でお申込みください。
登壇者
tomad(オーガナイザー、Maltine Records主宰/東京)
Moon Mask(fka Ulzzang Pistol)(ミュージシャン/マニラ)
Meishi Smile(ミュージシャン、ZOOM LENS主宰/ロサンゼルス)
tofubeats(トラックメイカー、DJ/神戸)
言語 日英同時通訳
主催 国際交流基金アジアセンター

関連イベント
文化庁メディア芸術祭20周年企画展「変える力」
http://20anniv.j-mediaarts.jp

会期:2016年10月15日(土)~11月6日(日)
メイン会場:アーツ千代田 3331(東京都千代田区外神田6丁目11-14)
開館時間=11:00~19:00(会期中無休)※入場は閉館の30分前まで
サテライト会場:NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]、UDX THEATER、国立新美術館 他
※開館時間、休館日は会場によって異なります。
入場料無料 ※一部のイベントは有料
主催:文化庁メディア芸術祭20周年企画展実行委員会
協力:アーツ千代田 3331

MUSIC

FASHION

CULTURE