植松琢麿展『space colony』が恵比寿のNADiff Galleryで開催へ

大阪在住の植松琢磨は身体の物質性と生命の根 源的関係をテーマに、多彩なメディアを用いたインスタレーションや、動物のフォルムを象徴的に扱う彫刻作 品等、ダイナミズムに富んだ作品で評価を高めている。

 

また植松は、単独の活動と並行して、ユニット「稲を植え る人」(稲垣智子との協働)、「あなたがほしいI want you」(林勇気、小林公との協働)の活動も活発に展開す るなど、幅広い表現視野で制作を行なうアーティストだ。

今回東京・恵比寿のNADiff Galleryで開催される展覧会のタイトル『space colony』は1969年に構想された宇宙空間に作られる人工の居住地を指す。

SF映画や小説にしばしば登場するspace colonyに植松が着目するのは、人工的に作られたspace colonyの居住空間の条件が、生物の生態系が維持されるために 必要な環境が抽出して描かれるためだ。

space colonyとはすなわち、私たちの生きる世界に最低限必要な構成要素でもあり、私たちが暮らす日常の空間にも存在している「循環」への意識を働きかけてくれると植松は考える。

本展ではこの「space colony」という仮説から、植松が着眼する人間の知覚、想像力、身体感覚、関係性の 築かれ方等、目に見えない人間の認識についてのイメージを紡ぎ出していく試みを、新作の写真作品、そし て彫刻作品「earth palette」の構成で展示する。

Takuma Uematsu
©Takuma Uematsu, Courtesy of Yumiko Chiba Associates

本展はYumiko Chiba Associates viewing room shinjukuで開催される植松琢麿の個展「nowhere -どこで もないところからの眺め」との同時開催となり、植松琢磨の最新作品集のリリース、そしてトークイベントも行われる。

植松からの本展開催にあたってのステートメントはこちら。

独立した生態系を維持する近未来 SF アニメに出てくるスペースコロニー。宇宙に、わざわざ人工的に作られ たそれは、循環する生態系に必要なものをあらわにするには効果的だ。

日本の古来からの自然観を考えると、人間も都市も建築も、生命の原理が貫かれた自然の一部であり、物 質循環の中で新陳代謝が繰り返されていると感じる。逆にいうと、循環しない場は、生命と同じように、ゆ るやかに消滅へと向かうだろう。

では、物質の集合から発現することで存在する意識は、その中でどのようなあり方をしているのだろうか。 情報化社会の中で意識が行き交う空間には、物質的には捉えられない、しかしながら確固たるプラット フォームが存在するように思う。仮に、それが生命の入れ物としての身体の役割を果たすのであれば、その プラットフォームは一つの単位として意識の循環を生み出し、生命のようにふるまうだろう。

 

<Info>

植松

植松琢麿「space colony」
会期:2016年10月21日[金]-11月20日[日]
OPEN 12:00-20:00 / 定休日 月曜日

[OPENING TALK]
2016年10月29日[土] 14:00-15:30
出演:植松琢麿、森啓輔(ヴァンジ彫刻庭園美術館学芸員)、小林公(兵庫県立美術館学芸員)
会場:NADiff a/p/a/r/t店内
定員:40名
入場:1,000円
ご予約はこちら>>http://www.nadiff.com/?p=3370#event

同時開催

植松琢麿「nowhere-どこでもないところからの眺め」
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room Shinjuku
会期:2016年10月21日[金]-11月19日[土]
営業時間:12:00-19:00
定休日:日、月、祝日
レセプション パーティ:10月29日[土] 18:00‒
http://www.ycassociates.co.jp

RELATED

Hiraparr Wilsonがタイ・バンコクで開催した個展『OUT OF THE MOSQUITO NET』が東京・下北沢で開催

思い出野郎Aチーム, CATBOYS, BTB特効などのアートワークを手がけるペインターのHiraparr Wilsonが、東京・下北沢のロンヴァクアンで個展『OUT OF THE MOSQUITO NET』(蚊帳の外)を開催する。

DELTAが波佐見焼の「BARBAR」とコラボコレクションを発表

DELTAことBoris Tellegen(ボリス・テレゲン)と、⻑崎⼯芸品波佐⾒焼「BARBAR」のコラボ作品のコレクション、『BARBAR × Boris Tellegen』POPUP SHOPを9/22(土)から9/24(月祝)まで開催する。

POSHGODとSICKTOWNの展覧会が今週末2日間限定開催

松岡眞一郎が描く夢の理想郷SICKTOWNと、マイアミのプロデューサーでアーティストのPOSHGODによるコラボ展示が、9/8(土)と9/9(日)の2日間限定で東京・代官山のambivalenceで開催される。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。