止まらないストリートファッションの90年代リバイバル。次はアイスホッケージャージが人気再燃か?

現在ストリートファッションは90年代をキーワードに動いている。FNMNLでも企画がスタートしたアーティストTシャツも、その一例だが、その動きは早くアーティストTシャツブームが収まる前に、新しい流れが起こり始めたとアメリカのメディアFaderが伝えている。

 

新しい流れとはアイスホッケーのジャージのリバイバルだ。90年代のラッパーたちがミュージックビデオなどでアイスホッケージャージを、自身のファッションに取り込んでいるのは、ヒップホップ好きなら見たことがあるだろう。例えばこの2 Pacの有名な写真で、彼はNHLのチームデトロイト・レッドウィングスのジャージに身を包んでいる。

2Pac

また若き日のSnoop Doggがピッツバーグ・ペンギンズのジャージを着た写真もある。

HK5DVcA

このように90年代のラッパーは自身のファッションにホッケージャージを取り込むのに成功した。Faderの記事によれば、90年代以前はホッケージャージは白人のものであり、またカナダ人のものだったが、ヒップホップが白人のものだったクラウトロックやテクノを自身の様式に取り込んだのと、同じ原理でホッケージャージも自分たちのファッションに落とし込まれたという。

そう考えると最近のアーティストTシャツブームにも同じことがいえるのではないだろうか。ラッパーたちが着ているアーティストTシャツの多くはNirvanaや、Metallica、Iron Madenなど白人のキッズたちに人気があったバンドが多い。それを自分たちの様式に取り込んだラッパーたちは実はとてもヒップホップの原則に沿った行動をしていると言えるだろう。

話がそれたが、ホッケージャージブームは一旦は収まり、最近ではあまりラッパーでも見かけなかったが、最近のビッグサイズブームなどの影響もあるのだろうか。

ASAP Rocky

上の写真は2013年のNYファッションウィークでのJeremy ScottでのショーでのA$AP Rockyと2NE1のCLだ。この写真でRockyはシカゴ・ブラックホークスのジャージを着用。ラッパーのなかでもファッションに最も敏感なRockyだ。他の誰もがホッケージャージに目を向けていない段階ですでに新しいスタイルで披露している。

その後Rockyに続くものはあまりいなかったが、Drakeはカナダ出身ということもあり、ホッケージャージをよく身につけている。そして今年アトランタのラッパーFutureがそのDrakeとのSummer Sixteenツアーでたびたびホッケージャージを着てライブを行っていたのだ。

 

Real hitters Waddup. Philadelphia Forever

Future Hendrixさん(@future)が投稿した写真 -

@theshootrr undefeated vision...capture the heart

Future Hendrixさん(@future)が投稿した写真 -

一貫してタイトなパンツに様々なチームのジャージを着こなすFutureの姿はインパクトが大きい。なぜFutureがこのツアーでホッケージャージをよく着用したのかについてはわかっていないが、カナダ出身のDrakeとのツアーだったからなのか、はたまたNHLのスポンサーがFutureとのコレクションをリリースしているReebokだからなのか、様々な憶測を呼んでいるが、ホッケージャージを古着屋などでみかけたらチェックしておいたほうがよさそうだ。

RELATED

Futureがファンの女性に偽のDMを公開される

Zaytovenとのプロジェクト「Beast Mode 2」のヒットも記憶に新しいFuture。そんなFutureが、ファンの女性に偽のDMでのやり取りを公開されるという目にあっている。

Zaytovenが当初Futureを良いアーティストと思っていなかったことを明かす

先月リリースされた『Beastmode 2』でストリーミングオンリーのアルバムとして過去最高のセールスを記録するなど、今や盤石の地位を築いているFutureとZaytovenのタッグ。二人の間には確固たる信頼関係があるように見えるが、Zaytovenが当初Futureを良いアーティストと思っていなかったということを明かしている。

ZaytovenがFutureの『Beast Mode』シリーズが成功した理由を語る

先日リリースされたFutureの『Beast Mode 2』は、ストリーミングのみのアルバムとして最高のセールスを記録するなど非常に大きな成功を収めた。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。