Discogsが2017年に世界10都市でレコードフェアー『Crate Diggers』を開催へ

ベルリンで先月Discogsがヨーロッパで初めてレコードフェアーCrate Diggersと一緒にイベントを行った、来年2017年は正式にCrate Diggersとパートナーとなり、世界10都市でレコードフェアーを開催すること発表した。

 

Crate DiggersはDiscogsの本拠地ポートランドで3年前に始まり、その後LAやマイアミでも開催されるようになった。イベントは様々なレコードショップが出品するレコードフェアーとアフターパーティーも楽しめる。先月のベルリンのイベントの際にはTheo ParrishやMarcellus Pittman、ZernellがB2Bプレイを行った。

DiscogsのディレクターであるRonald Rich Jr.は「Crates Diggersは世界中の音楽愛好家たちが出会う機会になるだろう。私たちはレコードストアやオフラインのショップをサポートしないかと常に聞かれてきた。その答えはイエスだ」またChad Dahlstromは「私たちのサイトVinylHubとCrates Diggersを通じて、レコード販売やトレードをサポートすることができる」と語っている。

日本進出も見込んでいるというDiscogs、日本でもCrates Diggersは開催される日がくるのだろうか。

RELATED

アメリカでレコードの売上がフィジカル音源売上の3分の1を占める

近年のレコードブームの再来により、2017年にはアメリカでのレコードの総売上枚数が1991年以来最高を記録した。そして、昨年もその勢いは続いているようだ。

『TOKYO RECORD MARKET』とDJパーティー『EXOTIC FEELIN’』が明日同時開催

11月3日(土・祝)に、下北沢ゲージで「TOKYO RECORD MARKET」、隣接するアジア屋台酒場・ロンヴァクアンでDJパーティー「EXOTIC FEELIN’」が開催される。

YOKOHAMA RECORD MARKETが明日開催 | VIDEOTAPEMUSICやOMSBもDJで出演

横浜・みなとみらいの象の鼻テラスで、明日9/30(日)にYOKOHAMA RECORD MARKETが開催される。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。