Lil Yachtyのお父さんは人気写真家Shannon McCollum。父が息子へのヒップホップファンからの批判に応える

今年のヒップホップシーンの最注目ラッパーはLil Yachtyで間違いないだろう。それはもちろんフレッシュな楽曲への評価があるが、さらにYachtyの素直すぎる言動も注目が集まるきっかけとなっている。

 

彼は2 PacとNotorious B.I.G.の曲を5曲も知らないと発言し、90年代のヒップホップ好きの怒りを買い、その発言がきっかけでAnderson .PaakともTwitter上でやりあった。

そんな批判に対しても常にポジティブな姿勢でふるまうYachtyの父親、Shannon McCollumがヒップホップメディアHiphop Wiredの動画番組に登場し、息子Yachtyについて語った。

Shannon自身もアトランタを拠点にするプロカメラマンとして活動、これまでにOutkastやDead Prez、John Legendなどのアーティスト写真を撮影している。

Yachtyが子供のときに聴かせた音楽についてShannonはColdplayやBilal、A Tribe Called Quest、Kanye West、Steely Dan、The Beatlesなどの名前をあげた。またMiles Davisに特に傾倒していたShannonはYachty(本名Miles Parks McCollum)の名前もMilesからとったことを明かした。

また物議をかもした2 PacとNotorious B.I.G.については聴かせなかったことも話すShannonは、Yachtyがヒップホップの歴史を知らないことについて、怒るファンに対してメッセージを語る。

「おれは年寄りの猫たちに言いたいんだ。なぜならおれも年寄りだからな。Yachtyの曲は年寄りのための音楽じゃないんだ。やつは自分のことをティーンの王様と呼んでるよ。決して古い頭の王様じゃない。やつの音楽はキッズたちのためのものだ。キッズをロックするものだよ。」

さらにShannonは「Yachtyが去年高校を卒業したのを気づかなければいけない。ティーンだ、キッズなんだ。年寄りたちに言いたいのは自分の子供たちが、検索しないで2 PacやATCQの曲を5曲もわかるのかってことだ」とYachtyを擁護し、彼を批判する90年代好きのファンをたしなめた。

RELATED

Lil Yachtyがニューアルバム『Nuthin’ 2 Prove』を来月リリースへ

今年3月に2ndアルバム『Lil Boat 2』をリリースしたLil Yachtyの新作が早くも10月にリリースされる。

Lil Yachtyが白人の警官に車を盗んだと疑われる

アメリカの警官がしばしば人種を根拠に捜査を行うという話は周知の事実だろう。ヒップホップにはそういった警官をテーマにした楽曲が数多く存在するが、今回Lil Yachtyが警官によって理不尽な目に遭わされてしまった。

フロリダの若手ラッパーProject YounginがInstagram Live中に銃撃される

先日XXXTentacionが銃撃されて殺害されたフロリダで、またしても痛ましい事件が起きてしまった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。