SupremeとGucci Mane、そしてグラフィティライターのBladeのコラボTシャツ

Supremeが今期のプロモーションビデオでラッパーのGucci Maneを起用していたのは以前伝えた。ハーモニー・コリンがメガホンを撮ったビデオのなかでSupremeのボックスロゴTシャツを着て、自宅でくつろぐGucciの姿は印象深い。

そしてその時に撮影されたとみられる写真をプリントしたTシャツがSupremeからリリースされることになった。

Supreme

写真の上に書かれた文字とバックプリントはNYの伝説的なグラフィティーアーティストBladeの手によるもの。SupremeとBladeは他にもコラボコレクションとしてパーカーやスケートボード、ピンズなどをリリースする。

日本時間では明日7日にリリースされる予定だ。

http://www.supremenewyork.com/shop

Supreme(楽天)

RELATED

DIESELがネット上の誹謗中傷をテーマにした「HAUTE COUTURE」を展開 | 全国のショップでストアイベントも開催

DIESELは今やなくてはならない存在となったソーシャルメディア上で、社会問題にもなっている誹謗中傷をテーマにした「HAUTE COUTURE(ヘイト クチュール)-ヘイトなんて、着ちらそう。」とメッセージを投げかける。

T.I.がキュレーションするトラップ博物館がアトランタにオープン

今年T.I.とGucci Maneが、どちらがトラップの発明者かという話題で争いになったのを覚えているだろうか。

Gucci Maneが「俺は成長し続けている」と述べ、他人の失敗や不幸を願う人々について語る

今年はT.I.とのトラップの起源を巡る論争が話題となったが、2016年に刑務所から釈放されて以来精力的に活動を続け、またSNSでもポジティブなバイブスを発信し続けているGucci Mane。そんな彼が、他人が失敗することを望んでいる人々についての持論を述べている。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。