SHINeeのニューアルバム『1 of 1』からタイトル曲のミュージックビデオ

韓国の大人気グループSHINeeが本日5作目のアルバムとなる、『1 of 1』をリリースし、タイトル曲のミュージックビデオを同時に公開した。

 

ビデオには90'sを意識したカラフルなファッションの5人が登場、ニュージャックスイングをベースに、モダンなトロピカルサウンドをアクセントにしたトラックをスイートに乗りこなしている。

 

またアルバムには同曲の他にUKガラージをベースにしたダンスチューン"Prism"やf(X)のプロデュースなどでも知られるLDN NOISEが手がけたフューチャリスティックなテイストの"SHIFT"、セクシーなグルーヴの"Feel Good"など全9曲が収録されている。

RELATED

Bruno MarsやRed Velvetなどを手がけるプロダクションチームThe StereotypesがK-Popの特長について語る

先日、BTS(防弾少年団)のニューアルバム『LOVE YOURSELF 轉 'Tear'』がビルボードアルバムチャートで初登場1位を獲得したことは記憶に新しい。

BTSのアルバム『LOVE YOURSELF 轉 'Tear'』 がK-Popとして史上初めて全米アルバムチャート1位を獲得

アメリカのトップスターであるJaden SmithがK-Popアルバムをリリースしたいと発言するなど、全米での認知度も広がっているK-Pop。その先陣を切っているBTS(防弾少年団)のニューアルバム『LOVE YOURSELF 轉 'Tear'』 が、偉業を達成した。

【コラム】KrystalとJune Oneの『I Don't Wanna Love You』プロジェクトが作るアートと音楽の新しい接点とは

最近見た展示の中で 『I Don`t Wanna Love You』がすごく良かったなーと思ったのですが、展示が終わってしばらく経った後に書くのもなんだなと思いつつ考察として書こうと思います。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。