XLIIとDJ SARASAによるユニットXXXSSS Tokyoが改名後発のシングル『キニスンナ feat. MC MOGGYY』をリリース

MUSIC  2016.10.05  FNMNL編集部

XLIIとDJ SARASAによるインターナショナル・ベースミュージック・ユニットのXXXSSS Tokyoが『キニスンナ feat. MC MOGGYY』、『B.O.P.E』を2曲連続リリースする。

 

ウクライナ生まれUK経由、東京在住の陽気な兄ちゃんのXLIIと日本生まれNY育ちのDJ SARASAによるユニットXXX$$$がXXXSSS Tokyoへの改名し、まずベースミュージックパーティチューンの第一弾シングルをリリースした。フィーチャリング相手は大阪にてNEW KID’N PLAY の一員として活躍するMC MOGGYY。彼をフィーチャした"キニスンナ!"はヒップホップ、ソカ、バイレファンキやサンバの要素をミックスした、XXXSSS Tokyoならではのトロピカル・ベースミュージックに仕上がっている。

現在iTunes Storeで先行発売中。

近々第二弾シングル"B.O.P.E"をリリース予定とのこと。

<>
ウクライナ生まれUK育ちのXLII(シリー)と日本生まれNY育ちのDJ SARASAによって結成された、インターナショナル・ベースミュージック・ユニット=XXXSSS Tokyo( ※2016年9月、XXX$$$→XXXSSS Tokyoへ改名)。“Excess=やりすぎ” をもじったグループ名の通り、リアルタイムなパッドコントロールによって繰り広げる雷のような激しいプレイスタイルは、アフリカン・ダンスのエッセンスとメキシコの激辛なスパイス、さらにロンドンのグライム・サウンドによってターボチャージされたヒップホップ・カーニバルをダンスフロアに創り出す。

2014年には世界最大規模のエレクトロニック音楽フェス『ULTRA MUSIC FESTIVAL』の韓国版である『ULTRA KOREA』に出演し、さらに翌年、東京・お台場にて開催された『ULTRA JAPAN』ではDavid Guettaがヘッドライナーを務めた最終日のメインステージに登場。フリースタイルバスケ&フリースタイルサッカー・プレーヤーをも交えたド派手なパフォーマンスを披露し、数万人のオーディエンスを魅了した。さらに日本国内はもとより、インドネシアやメキシコなどでもツアーを行なっており、常にワールドワイドな視点に立ったDJ活動を行なっている。

レコーディング・アーティストとしてはNoisiaとForeign Beggarsのユニット=I AM LEGIONのリミックスを手がけた他、2014年にはXXX$$$名義にてEP『Starburst』をリリース。盟友であるシンガポール在住のMasia Oneが参加し、さらにパナマ出身のMC ZULUをフィーチャした「Riot Mode」ではMighty Crownによるリミックスを収録するなど、二人のインターナショナルなコネクションを活かした最先端のベースミュージックを展開してきた。さらに2016年秋にはMC MOGGYY(NEW KID’N PLAY)をフィーチャーしたシングル「キニスンナ!」とこれまで数々のステージでもプレイしてきたXXXSSS Tokyoのアンセム「B.O.P.E.」の2曲のシングルを連続リリースし、さらに続々と新曲の発表を控えている。

2020年の東京オリンピック開催を見据えて、東京発“やりすぎ”な最上級インターナショナル・ベースミュージックをXXXSSS Tokyoが世界へ放つ。

Artist: XXXSSS Tokyo
Title: 「キ ニスンナ! feat. MCMOGGYY」
Format: Digital (iTunes and all major stores)
Label: XXXSSS Tokyo
Cat #: XSTY01
Distribution: KSR Corp.
Release Date: September 30, 2016

Tracklist:
1. キニスンナ! feat. MC MOGGYY

[XXXSSS Tokyo]
Web: http://www.xxxssstokyo.com
Facebook: https://www.facebook.com/XXXSSS
Instagram: https://www.instagram.com/tokyobassmusic
Soundcloud: https://soundcloud.com/xxxsssmusic

MUSIC

FASHION

CULTURE