ドナルド・トランプが経営するホテルの入り口にグラフィティーを書く男

CULTURE  2016.10.04  FNMNL編集部

共和党の大統領候補ドナルド・トランプが経営するワシントンDCのホテルの入り口でグラフィティーが発見された。

 

先週の土曜日に発見されたグラフィティーは、「Black Lives Matter」と「No Justice No Peace」とスプレーで描かれたものだった。現在はグラフィティーは見れなくなっているが、1人の男がグラフィティーを描いている瞬間を捉えた動画がTwitterにアップされているほか、グラフィティーの写真もSNSで見ることができる。

警察は現在調査中だが、犯人は捕まっていない。

あわせて読みたい

MUSIC

FASHION

CULTURE