キム・カーダシアン襲撃事件の全容が徐々に明らかに。セキュリティーが犯人と通じ合っていた?

MUSIC  2016.10.04  FNMNL編集部

昨日Kanye Westの妻でありモデルのキム・カーダシアンが滞在中のパリで何者かに襲撃され、10億円相当の宝飾品を奪われるという事件が発生した。夫のKanye Westは出演していたNYのフェスthe Meadows Festivalでのライブを時間を短縮して切り上げた。

 

幸いキムには怪我はなかったものの、ショックが大きくNYに戻ってきた際は、大統領並みのセキュリティーがガードについていた。

そして事件から丸一日がたって、事件の全容が徐々に明らかになってきた。ニュースサイトPage Sixが伝えるところによれば、フランス警察はキムのセキュリティーの誰かが犯人サイドと通じていたと考えているという。「フランス警察は5人の襲撃犯はキムのセキュリティーと通じており、彼女がどのようなスケジュールで動くかを知っていたとみている。また犯人たちはキムが確実に1人になる時間もわかっていた」と情報筋がPage Sixに語っている。

さらに情報源は犯人の中の1人もしくは数人が、以前キムのセキュリティーを務めていた可能性があることも話した。

以前として犯人は逃亡中で、フランス警察が追っている。

Via Page Six

あわせて読みたい

MUSIC

FASHION

CULTURE