米民間ベンチャー企業のSpaceXが火星移住計画における「星間移動システム」のティザービデオを公開

CULTURE  2016.09.28  FNMNL編集部

Paypalの創業者Elon Muskによるロケット開発、宇宙輸送を手がける米民間ベンチャー企業のSpaceXが「星間移動システム」のティザービデオを公開した。

 

9月初頭、SpaceXのロケットFalcon 9が打ち上げ準備中に爆発、SpaceXに多大な損失が出ていると想像できるが、火星のコロナイゼーションの準備は着々と進んでいるようだ。

星間移動システムは3つの段階に別れる。ざっくり紹介しよう。

まずフロリダの発射地からスタートする。このロケットは上部と下部が分離するシステムになっているが、大気圏を超えて、地球の軌道まではこの上部と下部を両方使用するようだ。

スクリーンショット 2016 09 28 10 22 05

スクリーンショット 2016 09 28 10 20 24

軌道に乗ると、上部と下部が分離して、下部の「Booster Head」だけ地球に帰る。
スクリーンショット 2016 09 28 10 23 42

スクリーンショット 2016 09 28 10 23 35

地球に戻ると、新しい上部「Propellant Tanker」を下部に付けて、再び大気圏の外へ。

スクリーンショット 2016 09 28 10 23 50

新しい上部が先に到着していた上部とドッキングし、燃料を補給してあげるようだ。先に到着していた上部が本体であることが推測される。ここに人間が乗っているのだろう。

スクリーンショット 2016 09 28 10 23 59

後から来た上部タンカー部分は地球に帰還。

スクリーンショット 2016 09 28 10 24 37

スペースシップは火星に向けて出発。

スクリーンショット 2016 09 28 10 24 44

途中太陽光充電パネルを翼のように広げて、エネルギーを供給するようだ。

スクリーンショット 2016 09 28 10 24 54

火星までの孤独な旅が続く。

スクリーンショット 2016 09 28 10 25 25

火星が見えてきた!

スクリーンショット 2016 09 28 10 26 12

火星に到着。新たな人間の挑戦が始まる…。

スクリーンショット 2016 09 28 10 25 53

美しいティザービデオはこちらから。

MUSIC

FASHION

CULTURE