Gucci Maneの新作アパレルラインはSupremeとVetementsの融合?

ようやく自宅での軟禁状態の生活からも解放されたアトランタの顔役Gucci Maneは、早速NYに旅行をするなど自由な生活を楽しんでいるようだ。

 

そのGucciがファッション誌GQのインタビューに登場し、新しいアーティストグッズとしてアパレルラインをリリースすることについて話している。Gucci曰く新作は「特別で、めちゃくちゃトレンドのもので、最高にイケてて、品質も間違いない」もので、バイヤーたちにコレクターズアイテムだと思わせるクオリティーだということだ。

Gucciのビジネスパートナーである、300 Entertainmentの主催者Todd Moscowitzも新しいアイテムを見て「SupremeとVetementsの融合だ」と感想をもらしたという。

さらにGucciには映画出演のプランもあるようだ。作品は以前出演した『Spring Breakers』の監督ハーモニー・コリンの新作となる予定で、共演者はアル・パチーノ、ジェームズ・フランコ、ベニチオ・デル・トロがラインナップ。タイトルは暫定的に『The Trap』と名付けられている。

Vetements(楽天)

Gucci(楽天)

Supreme(楽天)

RELATED

Gucci Maneが次のMVの監督に俳優のジョナ・ヒルを起用

3/2(土)に映画『22 Jump Street』などで知られる俳優Jonah HillがInstagramでGucci Maneとのトークのスクリーンショットを公開し、自身がGucci Maneの次のMVを監督する事を明かした。

CoachellaのオーガナイザーがラインナップにあるGucci GangはGucci Maneの間違いではないと主張

先日、発表された今年のCoachellaのラインナップ。ヘッドライナーのChildish Gambino、Tame Impala、Ariana Grandeをはじめ、そうそうたる名前が連なっており、今から非常に開催が楽しみだが、リストにある名前の1つがちょっとした話題になっているようだ。

Gucci Maneが「刑務所に入っていなければドラッグで死んでいた」と語る

トラップの元祖の一人としても知られ、現在も第一線での活躍を続けるGucci Mane。そんな彼は今までに複数回逮捕され刑務所に入っていたことでも知られているが、「もし刑務所にはいっていなかったらドラッグで死んでいた」と語っていることが話題となっている。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。