2010年代のサブカルチャーVaporwaveをテーマにしたショッピングモールがマイアミに期間限定で登場

2010年代のインターネットを代表する音楽ジャンルVaporwave (wikipedia: ヴェイパーウェイヴ)をテーマにしたショッピングモールが10月期間限定でマイアミに出現する。

 

10月7〜9日にマイアミで開催されるIII Points Music, Art & Technology Festivalにて、マイアミのアーティストAileen Quintanaはキッチュなデザイン、コンピューターで作られたようなグラフィック、謎の日本語、そしてレトロな「ミューザック」音楽を用いて、巨大なマイアミのアートセンターの空間をVaporwaveをテーマにしたショッピングモールに変化させるインスタレーション「Sunset@Noon」を行う。そのモールにはファッション施設やビデオ屋などが入店しているという設定で、今回のインスタレーションではインターネット発のカルチャーであるVaporwaveを直接経験できる。

モールにはステージが備え付けられており、地元のアーティストVirgo、Uchi、Otto von SchirachやRat Bastard が登場する。

iiipoints.png

2014年にすでにVaporwaveのアーティストが夢に見ていた「Vaporwaveのショッピングモール」がもうすぐ実現する。

RELATED

スペインで行われたフェスでラッパーが煽ったことが原因で遊歩道が崩落し300人以上が負傷

先日、FNMNLではアメリカで開催されたフェスLollapaloozaでのLil Pumpのライブが危険と判断され、予定より早く打ち切られたというニュースを取り上げた。

史上最悪のフェス『Fyre Festival』のドキュメンタリーがHuluで2019年に放送決定

昨年4月末から5月にかけて2週間連続で、バハマで開催される予定だった『Fyre Festival』をご存知だろうか。

男女差別問題を受けて45の音楽フェスが2022年までに出演アーティストの男女比を平等にすると公言

男性アーティストばかりの音楽フェスの時代がもう終わるかもしれない。45個のフェスが2022年までに出演アーティストの男女比を50:50にすると公約した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。