『宇多田ヒカルのファントーム・アワー』が民放ラジオ 101局で放送へ

MUSIC  2016.09.26  FNMNL編集部

宇多田ヒカルが9/28にリリースする8年ぶりのアルバム『Fantôme 』。リリースを記念して、大のラジオ好きを自負する宇多田ヒカルが約2年半ぶりにラジオの舞台に帰ってくる。

 

番組タイトルは『宇多田ヒカルのファントーム・アワー』で、全国の民放ラジオ101局で放送される。単独アーティストの番組が全国101局でオンエアされるのはラジオ史上初めての試み。

宇多田ヒカル本人による選曲や構成はもちろんのこと、 タイトルコール、 ジングルからBGMまで、 すべて本人が制作、 プロデュースしています。 番組中ではニューアルバム『Fantôme 』からの新曲を1時間にわたって自らの言葉で紹介する。

『宇多田ヒカルのファントーム・アワー』は2016/10/11よりradiko.jpで開始する新サービス、 ラジオを過去1週間聴きなおせるタイムフリー聴取機能と聴いているラジオ番組を手軽に誰かとシェアできる「シェアラジオ」のスタート記念特番として放送される。

<Program Info>

◆番組名:シェアラジオ特別番組(民放ラジオ特別番組)
『サントリー天然水 presents 宇多田ヒカルのファントーム・アワー』

◆放送期間:2016年10月11日(火)正午から10月17日(月)まで
◆放送局:民放ラジオ 101局
◆出演:宇多田ヒカル
◆提供:サントリー天然水 / radiko
◆制作:日本民間放送連盟ラジオ委員会

番組特別ページ
http://shareradio.jp

あわせて読みたい

MUSIC

FASHION

CULTURE