Nirvana『Nevermind』リリース25周年。大人になったジャケットの赤ちゃんは語る

MUSIC  2016.09.26  FNMNL編集部

ロックファンなら誰でもSpencer Eldenの顔を1度は見たことがあるが、その名前は初めて聞いたという人が多いはずだ。今年の9/24はNirvanaの名作『Nevermind』がリリースから25周年の記念日だった。Eldenは全世界で3000万枚以上販売された『Nevermind』のジャケット写真に使われている裸の赤ちゃん、その人だ。

 

Nirvana

 

Eldenが4ヶ月のときに撮影された歴史に残るジャケット写真は、フォトグラファーのKirk WeddleがEldenの両親に頼み実現したもので、Elden自身はもちろん当時の記憶はなく「この記念日は自分にとって意味はあるよ。でも変なのは、4ヶ月の僕が5分間で撮影されたものが、象徴的なイメージになったことだよ」とNewyork Postのインタビューに対して語っている。さらにEldenは「クールだけど変だよね、とても重要なことの一部になったのに、当の本人は覚えてないんだから」と続けた。この撮影でEldenの両親は200$を受け取った。

Elden自身はNirvanaよりThe Clashの方が好きらしいが、これまでも10周年、17周年、20周年とジャケットの再現写真を撮影してきた。そして25周年の今年も再現に挑戦。Eldenは完全に再現したいということで裸になろうとしたが、カメラマンに止められ、水着での撮影となった。再現写真とインタビュー全文はNewyork Postで見ることができる。

 

 

MUSIC

FASHION

CULTURE