Chance The Rapperがレーベルと契約しない理由

Chance The Rapperといえばレーベルと契約していないトップラッパーとして周知の存在だろう。そのChance The Rapperが人気TV番組Ellen DeGeneres Showに出演し、最新作『Coloring Book』に収録のヒット曲"No Problem"を披露した。客演の2 ChainzとLil Wayneも登場したこのパフォーマンスでChanceは、セットで作られたレコード会社の会議室に仲間とともに乗り込み、書類や机をめちゃくちゃに荒らし回った。

このパフォーマンスは"No Problem"の"If one more label try to stop me
It's gon' be some dreadhead niggas in ya lobby"(もしまたレーベルがおれを止めようとしてきたら、ドレッドヘアの奴ら(Lil Wayneと2 Chainzのこと)を引き連れてロビーに行くからな)という箇所と関連したものになっている。Chanceと仲間たちの清々しい暴れっぷりは爽快さすらある。

またChanceはライブ披露後に司会のEllen DeGeneresとのインタビューで、レーベルと契約しない理由を、「ぼくは全ての若いアーティストにとっての見本にただなろうとしているだけだよ。毎日アーティストになろうと、自分の作品に取り組んでいる若いアーティストたちのね。彼らをあやつろうとするミュージックマネージメントや音楽以外の音楽の落とし穴にハマらないようにね。自分で使えるツールを自分の手にもっていれば、それで自発的なアーティストになれるんだ」と答えた。Chanceは、新たなミュージシャンのキャリアパスを開拓し、後進のアーティストのモデルになるという強い意志をみせた。

RELATED

Chance The Rapperがシカゴ市長選には立候補せずにAmara Enyia候補を支援すると表明

先月、現シカゴ市長Rahm Emanuelが辞意を表明し、それに対し、喜びのコメントをしていたChance The Rapper。 その後、Chanceは自身のTwitterにおいて、シカゴのシティホールで記者会見を行うことをアナウンス。次のシカゴ市長選に立候補するのではと噂されていた。

Chance The RapperがKanye Westとのコラボプロジェクト『Good Ass Job』について語る

先月、Kanye WestがChance The Rapperとのコラボプロジェクト『Good Ass Job』を作っていると明言して以降、ファンの期待は高まる一方で、詳しい情報などは未だ明らかにはなっていない。

書籍『ライムスター宇多丸の「ラップ史」入門』が刊行 | 日米の歴史をカバーしたビギナーにも最適な1冊に

NHK FMで放送され話題となった番組『今日は一日“RAP”三昧』が元となった書籍、『ライムスター宇多丸の「ラップ史」入門』が、10/30(火)に発売される。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。