3人のDJが選ぶ日本産音源ベスト5

Brawther

Brawther

パリのアンダーグラウンド界に深く根ざし、自身が強く提唱する"True School House"のプロダクションの道を進み続けるアーティスト「Brawther」。ディープハウスとテクノとの境界線の中にトラディショナルかつモダンなメロディーを共存させることを得意とし、オールドスクールやニュースクールといった言葉を嫌う彼なりの答えを楽曲に見いだしている。90年代のハウスリバイバルブームを牽引し、Alixkunとともに『Brawther & Alixkun Present ハウス Once Upon A Time In Japan...』を昨年リリース。

1. Sai - Red

Saiは今の日本のプロデューサーの中でもフェイバリットの1人で、愛すべき人物だよ。この曲はスイスのAgnèsのレーベルSthlmaudioからリリースされた初期のリリース。(Brawther)

 

2. 福富幸宏 - It's gonna be alright

1993年にリリースされたこの曲は、Alixkunと僕が製作したコンピレーション『Once upon a time in Japan』がリリースするまでレコードで手に入れることができなかったんだ。(Brawther)

 

3. Prism - girltree (prism remix)

Prism aka Susumu Yokota(Rest In Peace)は多作のプロデューサーで、テクノやダウンテンポ、アシッド、アンビエントや様々なジャンルを融合させた唯一無二のパイオニアだった。

 

4. 松井寛 - (Earth in) Blue

松井寛によるディープ・アシッドハウス。この曲はダブスタイルのミックスが貫かれている。

5. Kuniyuki - Precious Hall

Kuniyukiを最も象徴するリリース。超ディープでダビーな空気感が日本的にアレンジされている。タイトルは札幌の伝説的なクラブPrecious Hallからつけられている。シンプルにすばらしい。

RELATED

『京都国際写真祭2018』のキックオフパーティーがCLUB METROで開催 | ALEX FROM TOKYO、Daichi Yamamoto、Masaki Tamuraなどが出演

京都ならではのロケーションを舞台に世界各国から選び抜かれた写真で、街が満たされる日本有数の国際写真フェスティバル『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2018』が、4/14から約一ヶ月に渡って開催される。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。