イギリスのはっちゃけすぎな音楽フェス?Boomtown Fairに行ってきた

MUSIC  2016.09.07  FNMNL編集部

文・写真 Tomomi Sonoo

『Boomtown Fair』はロンドンより少し南に向かったウィンチェスターという地域で4泊5日にわたって開催されるフェスティバルだ。『Boomtown Fair』の開催は今年で8年目でもともとは小さなレイヴパーティーとして始まったのだそう。初期の頃プレイしていた友人の出演者に聞いたところ、オーガナイズもなかなかぐだぐだのパーティーだった様子。

ちょっぴり’Dodgy’(イギリスのスラングで危なっかしいという意味)なフェスとしても有名・・・?ただここ数年はめきめきと人気も上昇、チケットはソールドアウト、一度行った人は完全な虜になってしまうらしい・・・!

『Boomtown Fair』は名前にもあるように「Town」そう、タウンを作ってしまうのだ、この4泊5日のフェスのために。だだっぴろい何もないフィールドに大きな街ができあがる。街というよりもう都市で本当に圧巻。日本の友人に説明したところ「万博みたいなことだね!?」と言われてあー的確!て思ったのだ。

ステージの構成はChina Town、Mayfair Avenue 、Wild West、Old Town、Whistlers Green & Kidztown、dstrkt5、Barrio Loco、Trench Town、Sector9とそれぞれ独自のテーマに沿って作られた9つの街から成り立つ。そしてその街のなかに数多くのステージやお店がずらり。ステージ、その数、なんと100以上。大きいど派手なステージから、Townの中のライブハウスやブース、小屋、森の中、など・・・

音楽のジャンルも実に様々。ドラムンベース、ジャングル、ハードテクノ、サイトランス、ダブ、レゲエ、ダブステップ、フォーク、パンク、スカ、ファンク、もう実にランダム!ダンスミュージックが中心かと思いきや、バンドもかなり多い。

 

一見はっちゃけた激しいフェスではあるがこんなアコースティックなステージもちらりほらりと。ここではみんなゆったりのんびり。

Boomtown

天気にもとても恵まれ、久しぶりにやってきた夏日の週末なんてラッキー。イギリスのフェスといえば泥だらけ、どしゃぶり、長靴が必須でグラストンべリーはほぼ毎年恒例かと。でも長靴なんてまったく活用せず。むしろビーサンでもいいくらいカラッカラ。おかげで砂埃もえらいことになっていたのだが雨より数倍ありがたい!

諸事情により2日目からの参戦でお昼に到着。駐車場から私のキャンプサイトへの距離は徒歩で30分以上。丘と谷を使ってつかわれるこのフェス、要するにのぼったりくだったりで軽く常に山登り感覚。

Boomtown

さっそく参加者のタフさがみえてくる。通過するエリアは、まずはKidztown。子供用の遊び場や、ラグジュアリーなスパエリアなんかも。ファミリーキャンプ向けで、子供連れで夜は早めにテントに戻ってゆっくりというオーディエンスが集まっているエリアのよう。丘の上からタウンを見下ろすとこんな様子。

Boomtown

さて、無事に私たちのテントサイトエリアのChinatownへ。ここはこのフェスのどセンター。要するに四六時中プレイが行われている。テントの設置も無事終わり、さあ一息、というところで、真っ青な青空に灰色の雲…あらあら、雨かしら?と思ったら、雲ではない…煙!

なんとカーパークで80台もの車が燃える火事が発生。BBCニュースにもなるほどのまさかの大惨事!無事に火は消し止められたが、燃えた車の持ち主の方々を思うといたたまれない・・・怪我人がいなかったのが何より。

MUSIC

FASHION

CULTURE