アメリカの若者から支持されるBlack Lives Matter運動 ー 最新の意識調査から

CULTURE  2016.09.06  FNMNL編集部

GenForwardによって、18歳から30歳を対象にしたBlack Lives Matter運動に関する意識調査が行われた。この調査によるとBlack Lives Matterは有色人種だけでなく、白人からも支持を得ているようだ。

 

調査に答えた白人のうち51%がBlack Lives Matter運動を支持しており、6月の調査での数字より10%上昇した。

調査によるとアフリカン・アメリカン、エイジアン・アメリカン、ラティーノ、白人などみんなこの運動を支持している。

しかしながら、他のグループと大きく異る解答もあった。3分の2の白人が「Black Lives Matter運動のレトリックは警察に対する暴力を煽っている」と考えている。この数字は他のグループのものより高い数値だった。

警察への暴力は重大な問題であると答えた白人は63%にあるのに比べて、アフリカン・アメリカンを警察が殺すことは重大な問題であると答えたのは白人のうち43%にとどまった。

次期大統領選挙に関連した質問と移民についての質問も同時に行われた。アフリカン、アジア、ラティーノらはたいていヒラリー・クリントンを応援しているが、白人のうちではヒラリー・クリントンとドナルド・トランプは競っているようだ。

バーニー・サンダースを支持していた有色人種の若者は、バーニー・サンダースが大統領指名選挙から撤退した後、ヒラリーを支持しているのに対して、白人はリバタリアン党のガーリー・ジョンソンを支持しているようだ。

移民に関しての質問では、どの人種も移民はアメリカ文化を良い方向に向かわせると解答。アメリカで不法労働者として働いている移民を数年間の期限付きで合法的に雇うことができるゲストワーカー・プログラムに対しても、全人種が支持しているようだ。

via Complex

MUSIC

FASHION

CULTURE