No Musicが選ぶSM Entertainmentベスト・トラックス

MUSIC  2016.09.03  FNMNL編集部

先日韓国のDJクルーNo Musicがカタカナで「テミン」と書かれたTシャツを作成し、自分たちのパーティーで限定販売したことをお伝えした。なぜ韓国のアイドルユニットShineeのメンバーであるテミンの名前が書かれたTシャツを、No Musicは販売したのだろうか。

 

それについてNo Musicのメンバーで韓国インディーシーンの重要人物Park Dahamは「僕とCong Vuは、最近DJでテミンとかSMに所属するアーティストの曲をプレイしてるんだけど、Twitter上で『K-PopをプレイするDJは本当のDJじゃない』と書かれたりしたんだ。でも僕たちはSMの曲こそが今の韓国でとても重要な音楽だと考えている」とFNMNLに対して答えてくれた。ここに出てくるSMとはSM EntertainmentのことでSHINeeの他に少女時代やf(X)などが所属する韓国有数のメジャー音楽レーベルだ。

そこでFNMNLではPark Dahamとアンダーグラウンドシーンの人気DJでNo MusicのメンバーであるCong Vuに、SM Entertainmentがこれまでリリースした曲からベストチューンをチョイスしてもらった。

SM Entartainmentベスト・トラックス by Cong Vu

 1. TAEMIN - SAYONARA HITORI

テミンのフィジカルな才能を日本的に解釈した最高の結果。(Cong Vu)

2. TAEMIN - DRIPDROP

K-POPは海外の音楽のトレンドをうまくアレンジして使ってきたが、この曲は海外のトレンドやこれまでのK-POPでもない、新しい何かだと思う。(Cong Vu)

3. GIRL'S GENERATION - Into The New World(また巡り逢えた世界)

少女時代のスタートであり、SM最高の名曲の一つ。 最近、梨花(イファ)女子大学で起きた「卒業証書返却デモ(注1)」でこの曲が用いられ、新たな意味まで持つようになった。(Cong Vu)

4. f(x) - Icecream

SMとプロデューサーのHitchhikerが組んだ名曲は多いが、その中でもベストの1つ。 曲のムードとf(x)初期のどことなく淡い感じが融合して特別な雰囲気を醸し出している。(Cong Vu)

5. SHINee - RingDingDong

初めて聞いたときは本当に変な曲だと思ったし、笑わせようとしているのかと思ったけど、そういう部分はまだ、SMあるいはK-POPの主要DNAでもある。 ドロップの爆発力もすごい。(Cong Vu)

6. Red Velvet - Dumb Dumb

SM …最高のトラック。(Cong Vu)

7. TIFFANY - I Just Wanna Dance

ティファニーファイト。(注2) (Cong Vu)

注1 : 韓国の名門女子大である梨花女子大学で7月に200人規模の学生によるデモが起こった。韓国政府と大学が一方的に進めた「未来ライフ大学(=学部)設立」の白紙撤回と総長の辞任を学生側は要求。立てこもった学生が"Into The New World"を歌う動画がYoutubeにアップされ話題となった

注2 : 少女時代のメンバーのティファニーはSNSに旭日旗をアップした(※現在は削除済み)ことで現在韓国のネットユーザーから激しいバッシングを受けている。

次ページ : SM Entartainmentベスト・トラックス by Park Daham

あわせて読みたい

MUSIC

FASHION

CULTURE