Young Thugがなんとラップしてるか当てるゲームが登場

アトランタの鬼才ラッパーYoung Thugは新作『JEFFERY』をリリースしたばかりだ。例え様々なラッパーが参加している曲でも、彼の特徴的な甲高く独特のリズム感で刻まれるフロウは一発で聞き分けられるだろう。ただ、彼がなんとラップをしているかを当てられる日本人はそう多くはないはずだ。

 

どうやら彼の母国アメリカでも、Young Thugがなんとラップしているのかを当てられる人は多くないのかもしれない。アメリカのビデオ制作会社Super DeluxeがYoung Thugがラップでなんと言っているか当てるゲームをネット上で公開した。

Super Deluxeは以前にはNYの新鋭ラッパーDesiignerがヒット曲"Panda"でなんとラップしているか当てるゲームも開発している。Desiignerのゲームが曲の1箇所を当てるだけなのに対して、Young Thugのゲームは様々な曲から20問で選択肢も4択とパワーアップしている。ちなみに筆者は20問中6問しか正解できなかった。自信のある方はぜひチャレンジを。

リンクはこちら http://www.whatisyoungthugsaying.com

RELATED

銀座のストリートフェスティバル『GL』が今年も開催

銀座の街に点在する個性的なバーやレストランで、HIPHOPからJAZZ、REGGAE、HOUSE、ROCKそして歌謡曲まで、豪華出演者たちの最高のパフォーマンス堪能できるフェスティバル「GL」が11月17日(土)に開催する。

タイの軍事独裁政権を批判するラップチューンのミュージックビデオが大きな話題に

Studio Voiceのアジアの音楽シーンを特集した最新号でも大きくフィーチャーされるなど、盛り上がりをみせているタイのラップシーンから飛び出した1曲のミュージックビデオが大きな話題となっている。

7~9月の全米シングルチャートで10位内に入った曲の90%以上がヒップホップの影響にある曲と判明

アメリカの音楽業界の動向を調査しているサイトHit Song Deconstructedが、今年の7~9月期の、最新のトレンド傾向を発表した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。