Drakeの看板攻勢は続く。今度はKanyeとのコラボ作を示唆する看板が発見される

Drakeの看板を使ったプロモーション作戦が続いている。RihannaのMTV Video Music Awardsの受賞に際して、Drakeは街路に立っている巨大看板に祝福のメッセージを掲示した。そして今度はKanye Westとのコラボアルバムを示唆する看板がLAで発見された。

 

看板には、「Calabasas is the new Abu Dhabi」と記されており、その下には2人のレーベルであるOVO SoundとGOOD Musicのロゴが並んでいる。ちなみにカラバサスはLAの高級住宅街がある地域の名前でアブダビは富豪が集う中東の重要都市だ。このワードがそのまま2人のコラボ作のタイトルになるのか、はたまた別の意味があるのかは不明だが、両者に何がしかの動きがあるのは事実だろう。

by 稲田 瑞規

RELATED

Kanye Westのエンジニアが「『Yandhi』は女性をエンパワメントするアルバム」と語る

昨年よりリリースが予告されているKanye Westの最新アルバム『Yandhi』。未だにアルバムの詳細は明らかになっていなかったが、Kanyeのエンジニアが同作について興味深いことを語っていたようだ。

Kanye WestとKid Cudiが『KIDS SEE GHOSTS』でのサンプリングが原因で訴えられる

昨年、Kanye WestとKid Cudiの二人によってリリースされたアルバム『KIDS SEE GHOSTS』。高い評価を受けた同作だが、その内の一曲でサンプリングされているフレーズが訴訟の原因となってしまったようだ。

Drakeが名ミックステープ『So Far Gone』の再々リリースによってFutureとBillboardチャートで1位を獲った回数で並ぶ

Drakeのデビューミックステープ『So Far Gone』といえば、今もなお名作として語り継がれる作品の1つだが、Kanye Westのビートをサンプリングした“Say What's Real”が収録されていることもあり、権利の問題でこれまでストリーミングサービスでフルヴァージョンを聴くことは出来なかった。しかし、先日ついに『So Far Gone』のリリース10周年を記念して、各ストリーミングサービスでフルヴァージョンが配信された。そして、このリリースによってDrakeはBillboardのR&B/HipHopアルバムチャートで1位になった回数でFutureと並ぶこととなった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。