「神様も欲しがった」美しきR&BシンガーAaliyahの死から15年。Beyonceがトリビュートを捧げる。

MUSIC  2016.08.26  FNMNL編集部

2001年8月25日に22歳の若さにして事故で命を失った、R&B界のプリンセスのAaliyahの死から15年が経過した。Aaliyahは、Rihanna、Alicia Keys、Ciaraらのシンガーたちに大きな影響を与えた。

2001年8月、Aaliyahは“Rock The Boat”のミュージックビデオの撮影のためバハマ諸島を訪れていた。そして25日、マイアミへと戻るために搭乗したセスナ機が離陸直後に墜落し、操縦士やAaliyahら9人の命が失われた。アルコールとコカインを摂取した無免許の操縦士、整備不良。過積載が原因とされている。

Aaliyahが事故で亡くなったのは2001年。当時、BeyonceはまだDestiney Childの一員でJay Zと交際を始める前の18歳だった。

2001年にBeyonceはインタビューの中で、4歳年上のAaliyahはDestiny's Childの最初のサポーターであったと語っている。

instagramなどのSNSで、木曜日はハッシュタグ #ThrowBackThursday と共に過去の画像や動画を投稿する日とされている。ちょうどAaliyahの15周忌が木曜日であったこともあり、Beyonceは2000年にAaliyahと共にMTV Movie Awardsのレッドカーペットに登場した時のビデオを投稿した。

動画の中で、BeyonceがAaliyahに「今日は誰を楽しみにしているの?」と聞くとAaliyahは「D'Angeloよ。彼は最高。セクシー」と答え、Beyonceもそれに同意している。

A video posted by Beyoncé (@beyonce) on

MUSIC

FASHION

CULTURE