© 2016 Viacom.

Kanye、Taylor、Rihanna…セレブたちはVMAでどんな事件を起こしてきたのか?

MUSIC  2016.08.24

事件はVMAで起こっている。全米最大級の音楽アワードの1つであるMTV Video Music Awards(VMA)は、ゴシップ面でも毎年話題を生んでいる。音楽が主役といえど、気になってしまうセレブたちの関係性。今年のVMAが8/28に開催されるのを前に、セレブリティー・ウォッチャーの辰巳JUNKが今年度VMA出演者を軸にセレブたちのエピソードと今年の見所を紹介する。

Kanye West - VMAで生まれたTaylor Swiftとの愛憎

Kanye WestとTaylor Swiftの7年に渡る抗争は、近年VMAが生んだ事件の最たる例だ。この2人の闘いはVMAで始まり、VMAで鎮火し、VMAで再燃している。始まりはVMA 2009のステージでKanyeがTaylorのスピーチを妨害した事件。その後、2人は複雑な関係を経てVMA 2015のステージで和解の抱擁を果たす。VMAで不和が始まった2人は、VMAで美しい和解を遂げたのであった。しかし、その美しい時代は長く続かなかった。

© 2016 Viacom.
© 2016 Viacom.

VMA 2015でKanyeはアメリカ大統領選への立候補を宣言し、後日Kanyeに花を贈られたTaylorは副大統領を買って出たはずだった。平和な空気の中、2016年1月に事件が起こる。KanyeがTaylorを侮辱するような歌詞が含まれた新曲”Famous”を発表したのだ。

Taylorはこの曲を批判し、インターネットでKanyeへのバッシングが巻き起こるも、8月に入り戦況は一転。Kanyeの妻Kim Kardashianが”Famous”の該当歌詞の大部分を了承するKanyeとTaylorの電話の様子の動画を公開。セレブ含む多くの人々から嘘吐きと認識されたTaylorは大規模なバッシングを受けた。こうして、VMA 2015で仲直りした2人は、VMA 2016開催前に再び決裂したのであった。

2人の愛憎の誕生の地であるVMAは、今年Kanyeの”Famous”を最優秀ビデオ賞にノミネート。対するTaylorのノミネート数はゼロである為、VMAに来場はしないと考えられる。しかしながら、Kanyeの妻Kimをミュージックビデオにフィーチャーした”M.I.L.F.$”でVMA2部門ノミネートを果たしたFergieは、騒動に関して「VMAに全員集合して何かするんじゃない」と予想。何があるかわからないのがVMA。今年も注目だ。

Rihanna - Taylor騒動、影の勝者

Taylor Swiftはノミネート数はゼロでもVMAの話題にあがり続けている。その要因には彼女に異を唱えたセレブ陣が豪華なことも挙げられる。特に話題を呼んだのはKanye WestとCalvin Harrisの彼女に対する糾弾であろう。Taylorの元友人、元恋人である彼らは、それぞれ新曲”Famous”、”This Is What You Came For”に関する問題でTaylorをバッシングした。そして今年VMAのMichael Jackson Video Vanguard賞に輝いたRihannaはこの2曲両方に参加しているのだ。

しかしRihannaは、Taylorとの確執は特に無くこの件における注目度は低い。ゴシップ戦争で評判を落とさぬまま話題の楽曲に参加し、むしろ評価と印税収入額を上げた彼女こそ、Taylor騒動における影の勝者なのかもしれない。

付け加えると、RihannaとTaylorの仲は元々悪くなく、2008年からRihannaへの好意を複数回公言していたTaylorに、Rihannaが薔薇の花を贈った美談も存在する。

そんなRihannaが受賞するVanguard Awardはプレゼンターも豪華なことで有名。共にRihannaと共演回数が多く、最近はビーフ疑惑も話題になったEminemとDrakeが登場したら話題性抜群だ。プレゼンターにも注目しよう。

Britney Spears - VMAレジェンド

40年以上の歴史を誇るVMAにおいて、Michael JacksonやMadonna等に続き「VMAの伝説」とされるスターがBritney Spearsだ。VMA 2001での蛇を連れた彼女のパフォーマンスは今でも語り継がれているし、VMA 2003にステージでMadonnaとキスを披露したのも彼女だ。この2つのパフォーマンスは、両方ともMTV.comによる記事『NY VMA史上で最も伝説的な瞬間』に挙げられている。

ちなみに、Madonnaとのパフォーマンスでは観客席のセレブたちの反応も話題となり、特にBritneyの元恋人Justin Timberlakeの魂が抜けたような真顔は今尚インターネット・ミームとして活躍している。

VMAレジェンドである彼女が今回披露する曲は”Make Me ft G-Eazy”。「ニュー・エラ(新時代)の始まり」と謳われる新アルバム『Glory』からのリード・シングルだ。この曲には、公開されたものとは異なるお蔵入りしたMVが存在するのだが、却下された理由は「セクシーすぎるから」と噂されている。渾身のMVを世に出せなかったBritney。もしかしたら、VMAではニュー・エラ級にセクシーなパフォーマンスを魅せ、再び伝説を創るかもしれない。

Nick Jonas - 鍛錬積むモテ男

モテ男Nick JonasはTy Dolla $ignと共に”Bacon”のパフォーマンスが決まっている。ディズニー出身の彼は、同じディズニー・スターであるMiley Cyrus、Selena Gomezとの交際経験を持つ。VMA出演者に関しては、Rihannaを口説こうとしたも相手にされなかった過去を告白している。そんなエピソードを披露するフランクな姿勢も人気の一因だろう。

Miley、Selenaと並ぶディズニー出身スターであるDemi Lovatoとは共同ツアーも敢行する親友。2人は恋愛相談も交わすようで、DemiがNickに「貴方の恋人は好きじゃない。ユーモアのセンスが無いもの」と伝えたエピソードも存在する。キツい本音も隠さないパワフルなDemiとのツアーで公も私も鍛錬を積んだ彼のパフォーマンスに期待しよう。

以上のゴシップ以外にも、最優秀ビデオ部門でのBeyonceとAdeleの女王激突や、現在キャリア絶好調なFutureによるパフォーマンス等、見どころ満載のVMAは現地時間8/28(日)に開催、日本では8/29(月)21時よりMTVで放送される。全てのノミネートアーティストはこちらでチェックできる。

 

あわせて読みたい

MUSIC

FASHION

CULTURE